経済産業省、「セキュリティ・キャンプ全国大会2016」参加者の募集を開始

官民が連携し情報セキュリティ分野の人材を発掘・育成する「セキュリティ・キャンプ全国大会2016」(経済産業省共催)の参加者募集が、2016年4月26日(火)から開始された。

 

セキュリティを取り巻く環境は日々変化しており、近年ではあらゆるモノがインターネットにつながるIoT時代を迎える中、ソフトウェアだけではなく機器側の動作原理に関する知識や、多様な脅威に対抗する高度な検知・解析技術に関する知識等が求められるとともに、これらの知識を横断的に活用することが求められている。

こうした状況を踏まえ、官民が連携し情報セキュリティ分野の人材を早期に発掘・育成する“セキュリティ・キャンプ”では、昨年度から、複数分野の技術を横断的に習得できるカリキュラム構成(トラック制)を採用している。更に今年度からは、特定分野における知識の深掘りを目的に、1日を通して徹底的に専門知識を学ぶ集中講義が新設された。多様な分野の最前線の技術を複合的、かつ集中的に習得できる環境を提供することで、これからの我が国の情報セキュリティを牽引する人材を育成する。

セキュリティ・キャンプとは、情報セキュリティ業界の第一線で活躍するセキュリティ技術者が、22歳以下の学生を対象に最先端の情報セキュリティ技術に係る知識を教える合宿型講習会。若年層のセキュリティ意識の向上と優秀なセキュリティ人材の早期発掘・育成を目指し2004年から実施されており、今年で13回目を迎える。

2012年からは協賛企業・団体で構成される「セキュリティ・キャンプ実施協議会」とIPAが主催、経済産業省が共催となり、官民が連携して実施している。

 

セキュリティ・キャンプ全国大会2016 募集要項

募集期間 : 2016年4月26日(火)~2016年5月30日(月)17時まで(必着)
応募資格 : 日本国内に居住する、22歳以下の学生・生徒(2017年3月31日時点の年齢)
募集人数 : 50名程度
応募方法 : 応募課題及び、その他必要事項に回答の上、Webフォーム上から応募
選考方法 : 応募内容に基づき選考
詳細 : IPAのサイトを参照。

 

セキュリティ・キャンプ全国大会2016 開催概要

開催期間 : 2016年8月9日(火)~13日(土) 4泊5日
開催場所 : クロス・ウェーブ幕張(千葉県千葉市)
主    催 : セキュリティ・キャンプ実施協議会 IPA(独立行政法人情報処理推進機構)
共   催 : 経済産業省
参加費用 : 無料
※その他、詳細はIPAのプレスリリースを参照。

 

【関連リンク】
経済産業省
情報処理推進機構(IPA)

Previous

経済産業省、平成26年度補正予算「ロボット導入実証事業」の成果をとりまとめ、平成28年度の公募開始

IoT検定制度委員会発足

Next