総務省、「第7回ロボット大賞」の募集を開始

総務省は、ロボット技術やロボット利活用の発展等に貢献した優れたロボット等を表彰するため、「第7回ロボット大賞」の募集を開始した。

 

「ロボット大賞」は、総務省をはじめ、経済産業省、文部科学省、厚生労働省、農林水産省、国土交通省が連携して、ロボット技術の発展やロボット活用の拡大等を促すため、特に優れたロボット等を表彰する制度だ。平成18年から実施し、本年で7回目となるロボット大賞において、今回から新たに総務大臣賞が創設された。

「第7回ロボット大賞」の募集は、4月28日(木)より6月30日(木)まで実施し、提案内容について審査を行い、優れたロボット等に対して総務大臣等の各賞を決定・発表を行い、10月19日(水)に東京ビッグサイトで表彰式が行われる。

 

募集概要

「第7回ロボット大賞」では、4月28日(木)から6月30日(木)までの間、次の5部門・5分野を表彰対象として募集。

<部門>
(A)ビジネス・社会実装部門
ロボットに関連するビジネス、各分野におけるロボットの利活用又はシステムインテグレーション
(B)ロボット・システム部門
実用に供しているロボット・システム
(C)要素技術部門
ロボットの一部を構成する部品、材料又はソフトウェア若しくはロボットが利用する共通基盤(通信ネットワーク等)その他のロボットの要素技術
(D)研究開発部門
ロボットに関連する特に将来性のある研究開発の成果
(E)人材育成部門
ロボット分野における人材を育成するための取組又は教材等

<分野>
(1) ものづくり分野
(2) サービス分野
(3) 介護・医療分野
(4) インフラ・災害対応・建設分野
(5) 農林水産業・食品産業分野

 

表彰に関して

応募のあったロボット等について、一次審査(書類審査)と二次審査(現地調査、プレゼンテーション審査)を行い、次の各賞の授賞対象を決定する。

(1)ロボット大賞(経済産業大臣賞、総務大臣賞、文部科学大臣賞、厚生労働大臣賞、農林水産大臣賞、国土交通大臣賞)
(2)中小・ベンチャー企業賞(中小企業庁長官賞)
(3)日本機械工業連合会会長賞
(4)優秀賞

 

今後のスケジュール

4月28日(木)       応募受付開始
6月30日(木)       応募締切(当日必着)
9月下旬〜10月上旬   ロボット大賞等の決定
10月19日(水)      表彰式

 

【関連リンク】
第7回ロボット大賞
総務省(MIC)
経済産業省(METI)
文部科学省(MEXT)
厚生労働省(MHLW)
農林水産省(MAFF)
国土交通省(MLIT)

Previous

総務省、I-Challenge!の補助金交付決定

PTC、ThingWorxのオープンプラットフォーム戦略を拡大し、主要なIoTデバイス向けパブリッククラウドサービスに対応

Next