東急セキュリティ、無人店舗に対応した入退館システムを提供開始

東急セキュリティ株式会社は、マネジメントテンキーを接続させたAI顔認証機能付き体表面温度検知カメラシステムによる入退館システムの提供を開始した。

同システムは顔認証カメラを用いて、利用者の体表面温度を検知すると同時に、非接触での入館が可能となるシステムだ。万が一、顔が認識されない場合も、ワンタイムパスワードを発行することで、備え付けのマネジメントテンキーにて入館ができる。

同社は同システムにより、入館タグ・カードの管理や、接触機会を減らすことができるなど、無人店舗が抱える課題を解決するとしている。

また同システムは、株式会社Cyber Loungeが運営する24時間無人化インドアゴルフレンジ「i8 GOLF Hs.24」で採用されている。