ウフル、位置情報連動情報サービスのニアーと合弁企業設立。両社で日本でのIoTマーケティングのソリューションを共同展開

株式会社ウフルは、シンガポールのNear Pte. Ltd.(以下 ニアー)とジョイントベンチャー「Near Uhuru株式会社(Near Uhuru K.K.)」を設立し、国内でのロケーションデータ活用プラットフォーム「Allspark」の販売ならびに両社のソリューションを連携させた「IoTマーケティング」に関する独自ソリューションを共同で開発することを合意した。

 

ウフルはsalesforce.comの提供するSalesforceの導入及びシステム開発事業、IoTに関するコンサルティング、PoC(概念実証:Proof of Concept)を始めとするIoT事業、マーケティングオートメーションやクライアント企業のマーケティングデータを集約するマーケティングプラットフォームの構築事業など「クラウドインテグレーション」「IoT」「マーケティング」の3領域を中心に事業を拡大している。

ニアーは、スマートフォンのアプリから得られる消費者の許諾済の位置情報を活用して、独自のオーディエンス構築を可能にするモバイル・ファースト・オーディエンスクラウド「Allspark」を始めとし、世界6拠点で事業を展開する世界最大規模のロケーションインテリジェンスプラットフォームを展開している。

ウフルの持つIoT領域でのコンサルティングノウハウやデジタルマーケティング領域での実績、Salesforceやクラウドでの高い技術力とニアーの持つロケーションデータ、ならびにプラットフォームを組み合わせる事で「IoT×マーケティング」の領域における高いシナジーが生まれることを見込み、両社でジョイントベンチャー「Near Uhuru株式会社」を設立し、日本国内での事業展開を共同で行っていくことに合意した。

ニアーとウフルの共同事業ならびにニアーウフルの事業戦略についてはニアー創業者兼CEO、Anil Mathewsの来日と合わせ2016年5月に両社で共同の記者会見を予定しているという。

 

【関連リンク】
ウフル(Uhuru)
ニアー(Near)
セールスフォース・ドットコム(salesforce.com)

Previous

中国国際家具展、消費者向け仮想現実とスマートホームのカスタマイズに注目

ウフル、東海ソフトとIoT分野での業務提携を開始。幅広いPLCモジュール対応をクラウドインテグレーション上で実現

Next