ぷらっとホーム、NTTドコモのLTEサービスエリアに対応したOpenBlocks IoT EX1用オプション製品を発表

2016年5月9日、ぷらっとホーム株式会社は、さまざまな業種で導入実績のあるIoTゲートウェイ「OpenBlocks® IoT EX1」専用オプション「LTEモジュール(NTTドコモ対応)」を発表した。

同オプションはNTTドコモのLTEユビキタスモジュール®(UM04-KO)が使用されており、同オプションを搭載した「OpenBlocks® IoT EX1」はNTTドコモの提供する広範囲なLTEサービスエリアでの通信が可能。同オプション製品を使用することでLTEの特徴である低遅延・高速・大容量な通信が実現でき、広範な場所・用途でIoTシステムを構築する事が可能になる。

 

製品特長

高速通信対応

受信時(下り)最大112.5Mbps、送信時最大37.5Mbpsに対応し、大容量なデータ通信が発生するIoTシステムの構築に最適。

広範囲な通信可能範囲

NTTドコモの提供する広範囲なLTEネットワークエリアへの対応に加え、2GHzと800MHzの周波数に対応されており、屋内外あらゆる場所でのデータ通信ができ、IoTゲートウェイの設置場所にとらわれないIoTシステムの構築を実現。

 

製品概要・仕様

製品概要

名称:LTEモジュール(NTTドコモ 対応)
価格:オープン
対応製品:OpenBlocks® IoT EX1(型番OBSEX1G*)

仕様

データ通信速度(受信時最大):112.5Mbps
データ通信速度(送信時最大):37.5Mbps
対応周波数:2GHz / 800MHz

 

【関連リンク】
ぷらっとホーム(Plat Home)
OpenBlocks® IoT EX1

Previous

トレードショーオーガナイザーズ、『サービスロボット開発技術展2016』初開催

タナックスとDoog、業務提携し、物流現場ヘ向け追従運搬ロボット「サウザー」を販売開始

Next