セブン銀行、ATM内紙幣の増減予測精度を向上のため、人工知能を活用する実験を開始

株式会社セブン銀行は、ATMの中にある紙幣の増減予測に人工知能(AI)を活用することを検討するため、日本電気株式会社(以下、NEC)およびSOINN株式会社(の2社とそれぞれ実験を開始したことを発表した。

 

セブン銀行では、ATMが紙幣切れによって停止しないようにすると同時に、紙幣の入れ過ぎによって発生する資金コストを削減するため、全国に22,000台以上あるATM1台1台について、入出金による紙幣の増減を日々予測して、適切なタイミングで補充を行っている。

今回の実験では、人工知能(AI)を活用し、この予測精度を向上させることで、更なるサービス品質の向上と効率化を目指すという。実験は、平成28年3月上旬に開始しており、夏頃に結果検証を行う予定。

 

【関連リンク】
セブン銀行(Seven Bank)
日本電気(NEC)
ソイン(SOINN)

Previous

GfKジャパン、ウェアラブル端末の販売動向および購入意向調査

IoT時代のデジタル広告はどうなっていくのか -電通アイソバー nowlab インタビュー

Next