三菱電機、IoT技術を活用し街全体の省エネと快適な暮らしをサポートする「DIAPLANET TOWNEMS」発売開始

三菱電機株式会社は、IoT技術とクラウド基盤を活用し、接続したさまざまな機器の省エネ化に加えて、街のニーズにあわせた快適な暮らしをサポートするEMS(エネルギーマネジメントシステム)サービス「DIAPLANET TOWNEMS」(ダイヤプラネット タウンイーエムエス)を6月に発売する。

同サービスは、「ZUTTOCITY」(※1)での導入が決定している。

 

新製品の特長

家庭のテレビでサービスが利用でき、簡単・身近な省エネ環境を実現

・各家庭でのEMSサービス利用の中心をテレビにすることで、家族みんながエネルギーマネジメントに参加しやすい環境を提供
・スマートフォンや共用部に設置されているデジタルサイネージにも対応させ、宅外からのサービス利用を可能にし、利便性を向上
・テレビとスマートフォンの双方でメッセージ交換ができる機能を持たせ、家族の気軽なコミュニケーションづくりにも貢献
・直感的に操作できる画面デザインにより、子どもから高齢者まで容易に利用可能

組み合わせ自由なサービスメニューにより、ニーズに沿った街づくりに貢献

・「選べるサービスメニュー」で、防災・交通・地域情報の表示や共用施設予約、電子回覧板など街のニーズや成長にあわせたサービスを一元化して提供でき、快適な暮らしをサポート。例えば、共用施設を利用する際、家庭のテレビから予約できることに加えて、自宅の鍵での共用施設の施錠管理ができ、利便性と安全性を向上
・節電要請機能(※2)と地域通貨などのポイントサービスを連携させ、電力需要がピーク時に外出するなどの節電協力に対してポイントを付与し、そのポイントでの買い物を可能にするなど、地域経済の活性化にも貢献

 

※1 野村不動産株式会社、JR西日本不動産開発株式会社、株式会社長谷工コーポレーションが、兵庫県尼崎市のJR塚口駅前に開発を進めている大型タウンプロジェクト。2018年3月全体竣工予定。

※2 一括受電事業者や地域ポイント運営会社などが発令する節電依頼通知機能と通知に応じた関連機器の自動制御機能

 

【関連リンク】
三菱電機(Mitsubishi Electric)
野村不動産(Nomura Real Estate Development)
JR西日本不動産開発(JR WEST REAL ESTATE & DEVELOPMENT)
長谷工(HASEKO)

Previous

ロボットスタート、環境エネルギー投資を引受先とする第三者割当増資で1億円の資金調達を完了

Tangerine、IoT/O2Oソリューション「Tangerineビーコンマネージメントプラットフォーム」が新江ノ島水族館の「えのすい公式アプリ」に採用

Next