シードルインタラクションデザイン、WebエンジニアとWebデザイナーのためのモーター「Webmo(ウェブモ)」を開発

シードルインタラクションデザイン株式会社は、Webブラウザやスマートフォンから制御可能なIoTモーターWebmoを開発し、2016年5月28日より販売を開始する。

 

Webmoは、ウェブエンジニアやウェブデザイナーが使う言語(JavaScriptなど)を用いて、電子工作の知識なしに静音で高度なモーター制御を実現する。

Wi-Fiやモータードライバ、プロセッサーなどのモジュールをモーターにワンパッケージにしたことで、モーター機能を利用したIoT開発の大幅な開発工程の短縮を実現し、IoTサービスへのアイデアの検討に集中できる。

Webmo を利用することでWebと実世界と連動し、人の行動を直接支援するサービスの開発や人型にこだわらないロボットアプリケーションの試作が容易に行える。

価格は29,800 円(税込み)。東京初台オペラシティ内NTT ICC ミュージアムショップで先行販売、順次電子工作モジュール通信販売サイト、スイッチサイエンスにて販売が予定されている。

シードルインタラクションデザイン、WebエンジニアとWebデザイナーのためのモーター「Webmo(ウェブモ)」を開発
3Dプリンタで出力可能なパーツデータも公開予定

 

【関連リンク】
シードルインタラクションデザイン(Cidre Interation Design)
webmo

Previous

タイムマシーン、IoT技術を用いた統合環境モニターシステムに関してサンデンRSと業務提携

Nature、エアコンをスマート化するIoTプロダクト「Nature Remo」を発表

Next