富士ソフト、「AWSを活用したIoTプラットフォーム」提供開始で、従来3か月以上かかるIoT環境の構築が最短1か月に

富士ソフト株式会社は、IoTの導入を短期間、低コストで実現できるサービス「AWS(Amazon Web Services) を活用したIoTプラットフォーム」の提供を、6月1日(水)より開始することを発表した。

 

近年、IoTをキーワードに、あらゆるモノにセンサーを搭載し、クラウドにデータを収集、蓄積、分析し、活用する取り組みが進められている。爆発的に増大するデータに対応することが、大きな課題となっている。

富士ソフトは、これからIoTを導入する顧客に向けて、「AWSを活用したIoTプラットフォーム」を提供。AWSの個々のサービスを組み合わせ同社で検証した最適な構成を利用することで、従来3か月以上かかるIoT環境の導入が最短1か月程度(同社比)に短縮できる。

拡張性の高いAWSを活用することで初期導入時のコストを抑えられるだけでなく、ビジネスの規模、状況に合わせた柔軟な拡張も可能。

また、データの収集/蓄積/分析機能により、機器から出力されるデータを活用した、顧客のビジネスに有効な情報分析ができる。

また、気象情報などの外部データと連携し多様なデータを分析することで、今まで見えなかった情報も有効に活用できる。

 

富士ソフトは、ハードウェアからシステム構築、運用サポートまでワンストップのIoTのトータルソリューションを提供する。

 

「AWSを活用したIoTプラットフォーム」について

販売価格(税別)

初期導入費用 個別見積もり/AWS利用費用 月額 7万円~(データ量、通信量に応じて変動)

特徴

短期間・低コスト

「AWS IoT」のクラウドプラットフォームの特性を活かし、短期間で低コストにデータ収集基盤、蓄積基盤、分析基盤環境を利用(IoT基盤の開発期間を短縮)

さまざまなデバイスに対応

「AWS IoT」が持つ、各種の通信プロトコルをサポートする認証の特性を活かし、MQTTやHTTPSなどの幅広いデバイス、クライアントに対応

エッジコンピューティング

顧客のニーズに合わせ、必要な情報をクレンジングするエッジコンピューティング技術でデータを軽量化し、通信にかかる負荷を軽減

 

AWS Summit Tokyo 2016 出展について

AWSを活用したIoTソリューションが紹介される。

会期:2016年6月1日(水)~3日(金)
会場:グランドプリンスホテル新高輪(国際館パミール、飛天)
主催:アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社

 

【関連リンク】
富士ソフト(FUJI SOFT)
アマゾン ウェブ サービス(AWS)
AWS Summit Tokyo 2016

Previous

IoTConference2016レポートと、IoTNEWS一周年のご報告[PR]

コムツァイ・やすらぎ会・ブルーオーシャンシステム、EnOceanアライアンス日本大会2016にて「みまろぐクラウド」を発表

Next