5/31-6/4 COMPUTEX TAIPEI 2016 今年も開催!IoTに力が入る

本日5/31より台湾の台北にて、COMPUTEX TAIPEIが開催される。

TAITARAのExecutive Vice President Walter Yeh氏によると、今回のCOMPUTEXは、IoTアプリケーション、イノベーション、ゲーミング、ビジネスソリューションの4分野となり、主に、

IoTに関しては、SmarTexと名付け、重点的なテーマとするということだ。

computex taipei2016

同氏によると、2019年にはIoTのマーケットは、1,1704十億米ドル(約12兆円)となると予測しているというのだ。

また、台湾で起業するメリットについても触れ、

・アジアマーケットへのダイレクトなアクセス
・台湾人の豊富な人材
・金融サポート
・IP保護
・プロトタイプや製造が素早くできるエキスパート
・ICTのサプライチェーンが出来上がっている

という、スタートから量産まで見越すことができるのだ。

computex taipei2016

ヨーロッパやアメリカ、日本、韓国と様々な企業から参加が決まっている。

また、翌日基調講演で登壇する予定のイタリア企業DiBari Innovation DesignのVito Di Bari氏からも、「IoTのゲームは始まったばかりだ。」「台湾には多くのICT企業がある」「今後キープレーヤーと成り得るIoT Ageはいますぐ動くべき」と述べた。

【参考】
COMPUTEX TAIPEI 2016

Previous

ポリゴンマジック、VRで社内見学

IoT ホームアライアンスセミナーレポート

Next