パスコと西尾レントオール、土木工事現場の生産性向上に向けたドローンの活用サービスを開始

株式会社パスコと西尾レントオール株式会社は、両社の保有する技術とノウハウを補完し合い、ドローン(無人航空機UAV:Unmanned Aerial Vehicle)による3次元計測技術を活用した土木工事現場の生産性向上を支援するサービス(以下、i-Con測量サービス)を2016年6月から開始する。

 

建設分野では、労働人口の減少や高齢化などの影響により、生産性の向上が大きな課題となっている。このような背景から、国土交通省では、土木工事における生産性向上を図るため、3次元データを工事の全工程で活用する「i-Construction」の取り組みを本格化させている。そして、ドローンの活用は3次元データを効率良く高精度に構築できる技術として注目されている。

しかし、ドローンを適正に活用するには、安全運航管理の法令を順守した上で高い運航技術を発揮するほか、求められる精度を的確に導き出すための測量技術が必要不可欠だ。

同サービスでは、パスコは飛行機やヘリコプター、移動体計測車両などの各種測量機材の活用ノウハウを生かし、ドローンによる撮影計画の策定とデータ加工・処理技術を提供。西尾レントオールは、豊富な建設・工事会社との営業ネットワークを生かし、ドローンレンタルと運航技術者派遣を行い、両社は双方の優位性を補完しながら、土木工事現場の生産性向上に資するドローン活用を推進する。

 

ドローンによる3Dデータ活用サービス(i-Con測量サービス)の概要

土木工事における調査・計画段階から、施工管理、検査に至る全ての工程において、ドローンによる3次元データの収集、データ加工・処理、活用を支援するサービス。

効率的な撮影計画の策定と測量精度向上

【事前作業】
・標定点、検証点の合理的な設置と気象や地形を考慮した飛行高度の設定
・目標精度の担保と効率的な飛行を考慮したドローンの飛行コース設定
・人口密集地区におけるドローンの飛行申請(安全面を考慮した計画立案)
【現地作業】
・標定点、検証点の設置と観測
・安全面を考慮したドローンによる空中撮影
【後続作業】
・撮影写真と対空標識の測量成果から高精度な3次元データの生成

3次元データの活用

・準備工における起工測量(現況測量)の実施
※起工測量については、植生等の考慮が必要な場合、地上レーザスキャナ等のレーザ計測機を活用したサービスを別途提供。
・施工管理における工事進捗管理(二時期の3次元データの差分計算等)
・マシンコントロール・マシンガイダンス技術の基礎データ
・完成検査における出来形計測の実施および出来形帳票、完成図書、電子成果品の作成

今後は、上記で得られる一連の膨大なデータの蓄積・管理方法を確立し、調査・計画・設計・施工・検査まで、3次元データを基盤情報としたi-Constructionの実現に向けたトータルサービスの提供から、維持管理(メンテナンス)分野にも貢献できるサービスに拡大する予定だという。

 

【関連リンク】
パスコ(PASCO)
西尾レントオール(NISHIO RENT ALL)

Previous

NTTグループのAI技術「corevo™(コレボ)」によるコラボレーションを展開

総務省、電波法関係審査基準の一部を改正する訓令案に係る意見を募集

Next