Smart at robo for Pepper「ミラクルサイネージ連携オプション」、IoTConference2016の展示に採用

M-SOLUTIONS株式会社(以下、M-SOL)は、5月18日(水)に開催された「IoTConference2016」にて、ソフトバンクロボティクス株式会社が提供する人型ロボット「Pepper」とデジタルサイネージを連携させるSmart at robo for Pepper「ミラクルサイネージ連携オプション」が展示に採用されたと発表した。

同サービスはM-SOLとミラクル・リナックス株式会社が共同開発したものだ。

 

「IoTConference2016」でのSmart at robo for Pepper「ミラクルサイネージ連携オプション」

「IoTConference2016」は、IoTNEWSが主催したIoTにフォーカスした専門イベントだ。

今回はPepperとデジタルサイネージを「ミラクルサイネージ連携オプション」で連携させ、Pepperがイベントの案内係として受付で来場者を出迎えた。なお、同サービスの外部イベントへの導入は、今回が初となる。

今回、Smart at robo for Pepper 「ミラクルサイネージ連携オプション」により、イベント会場受付にて当日の式次第や登壇の詳細情報を、Pepperとサイネージを連携させて案内。これにより、受付対応におけるスタッフの役割を一部代替して人員の負荷を削減することができた。また、ただ表示するだけでなく、Pepperの「話す」「見せる」「動く」といった特徴を活用し、Pepperからの声かけや顧客の反応に応じてコンテンツを出しわけるなど、双方向のコミュニケーションを通じた案内を行うことができた。

Smart at robo for Pepper「ミラクルサイネージ連携オプション」、IoTConference2016の展示に採用

さらに、ミラクルサイネージ連携オプションにより、Pepperのディスプレイに表示される情報を、デジタルサイネージの大きなディスプレイと連携させて表示することで、混雑した会場の中でも視認性を確保し、より効果的な情報伝達が可能となった。

会場では、Pepperとデジタルサイネージの連携に、多くの参加者の足を止めてコンテンツに注目する様子が見られ、Pepperと触れ合った参加者には自然と笑みがこぼれていた。

 

Smart at robo for Pepperのミラクルサイネージ連携オプションについて

Smart at robo for Pepperのミラクルサイネージ連携オプションは、Pepperのディスプレイに表示される画像や動画コンテンツを、デジタルサイネージに表示可能にする。アンケートや質問の回答に応じて、複数のコンテンツを出し分けすることも可能。

Pepperによる集客効果とデジタルサイネージの情報伝達力がシナジーを生み、企業やブランドにおける顧客接点として、コンテンツを通して企業が伝えたいメッセージの訴求力アップや、顧客に対してさまざまな顧客体験を提供し、顧客の感動や満足度の向上が可能になる。

オプション料金

サイネージ連携サービス:5,000円/台(月額)
サイネージ連携用 MVSDS220(デジタルサイネージプレイヤー):198,000円/台(初期費用)
Wi-Fiオプション(デジタルサイネージプレイヤー Wi-Fi対応機器):15,000円/式(初期費用)

※ディスプレイは別売り。
※Pepper本体は別売り。
※Smart at robo for Pepper の基本料金(38,000円/月)は別途必要。

 

【関連リンク】
エムソリューションズ(M-SOLUTIONS)
ソフトバンクロボティクス(SoftBank Robotics)
ミラクル・リナックス(MIRACLE LINUX)
Smart at robo for Pepper

Previous

IoTそれ自体は目的ではない  ー SAPジャパン 村田氏 インタビュー(1/2)

PTC、PTCテクノロジープラットフォームがエッジコンピューティングの対応を通じて総合的IoTコンピューティングを提供

Next