NTTドコモ、人工知能を活用した購買支援システム「ecコンシェル」の提供開始

株式会社NTTドコモは、主にEコマースサイトにおいて、人工知能を活用し、顧客一人ひとりに合った商品やキャンペーンの案内が可能となる「ecコンシェルTM」を本日6月8日より法人向けに提供開始した。

 

ドコモは、同サービスをオープンイノベーションの取り組みの一環として、株式会社PKSHA Technologyと共同開発し、2015年7月からEコマースサイトなどで試験的に同サービスを導入してきた。その結果、購入率が20%、顧客単価が50%向上するなど一定の効果が得られたことから、法人向けサービスとして提供を開始することとなった。

 

従来、Eコマースサイトでは、購入に至るまでの集客費用に見合った購入率が得られていないことや一度サイトを訪問した顧客の多くが再訪問していないこと、スマートフォンの普及に伴うモバイルに対応したサイトでの顧客体験の質の向上などに課題があった。

同サービスは、クラウド技術を活用しており、管理サイトで発行されるJavaScript(※1)のコードをウェブサイトに埋め込むだけで、すぐにサイト上での販売促進施策を実施することができる。さらに人工知能により、サイト内のアクセスログや購買履歴などさまざまなデータの解析結果に基づき、自動で顧客の行動に応じて販売促進施策を展開することが可能で、購入率やサイトへの再訪問率の向上につながるという。

例えば、ウェブサイト内を回遊している顧客に購入割引クーポンを配信したり、特定のページを何度も訪問している顧客に特定ブランドや商品のキャンペーンを自動で配信することで、費用を抑えて購入率を高めることにつながる。また、実際に購入につながった顧客の属性に似た顧客に対しても、同様の案内を自動で行うことも可能。

 

ドコモは今後「ecコンシェル」を通じて、Eコマースサイトでのお買い物における顧客体験の質を、まるで実店舗での接客のように高めることで、Eコマースサイトの発展に取り組んでいくという。

 

※1 JavaScriptとは主にWebページに組み込まれたプログラムをWebブラウザ上で実行するために用いられるプログラミング言語。

 

「ecコンシェル」の概要

サービス内容

「ecコンシェル」は、ウェブサイト内のアクセスログや購買履歴などさまざまなデータを収集し、自動で顧客の行動に応じて最適な商品やキャンペーンを案内することができるサービス。収集したデータを基に機械学習を用いることで、より高度な接客を人工知能によって実現できるように機能拡張していく。

提供料金と条件

ライトプラン 接客課金プラン PV課金プラン
料金 無料 0.8円/接客 3,000円/10万PV
条件 キャンペーン数 1 無制限 無制限
サイト数 1 無制限 無制限
接客数 5,000/月 無制限 無制限
解析PV数 500,000PV 5,000,000PV 無制限
ログ保存期間 1か月 無制限 無制限

 

【関連リンク】
NTTドコモ(NTT docomo)
パークシャテクノロジー(PKSHA Technology)
ecコンシェル

Previous

ドロップシステムとVanira、 Apple Watchを活用した保育システム「tsubura.net(ツブラネット)」開発

COMPUTEX TAIPEI 2016 ーInnoVEXエリアレポート

Next