ハタプロ、IoTプロダクト事業化支援サービス「39Meister」を提供開始

株式会社ハタプロと株式会社NTTドコモは、IoTプロダクトの設計・製造を予定している企業向けにIoTプロダクトの企画・設計支援、及び試作・量産受託等の事業化支援サービス「39Meister」を構築し、ハタプロを通じて本日より提供開始(※1)した。

IoTプロダクトの設計・製造を予定している企業がIoTプロダクトを開発し、販売する際には、市場調査や機能設計等に関するノウハウが必要となるが、同サービスでは企画段階で製作した試作品を通じて、市場のニーズを探りながら仮説検証を繰り返し、短期に開発を進める手法である「リーン型開発手法」を採用し、効率的な市場調査と最適な仕様策定を支援する。

さらに、設計や製造に強みを持つパートナー企業と協業することにより、高い製造技術力を活用した高品質なプロダクトの適量生産を低コストかつ短期間で実現。また、知的財産の活用・権利化や事業計画についてのアドバイスも行う予定だという。

今後は、IoTプロダクトの設計・製造における工程管理や情報共有を可能とする「工程効率化クラウドシステム」を開発し、2016年9月より提供開始する予定。同システムの提供により、製造業における設計・製造のさらなる工程短縮を実現し、工程効率化に伴うコスト低減を図っていくとしている。

ドコモは、パートナーとともに新たな価値を協創する「+d」の取り組みを通じて、豊かな社会の実現に貢献することをめざしている。今後両社は、ハタプロがこれまでのIoTプロダクト開発で培ったリーン型開発手法を用いたハードウェアの企画・設計、及び市場投入に関するノウハウと、ドコモが研究開発で蓄積したクラウド技術や、新規事業創出プログラム「39works(※2)」において実践してきたリーン型開発手法の知見を融合し、新たなIoTプロダクトの事業化支援と国内ものづくり産業の活性化に取り組んでいくという。

※1 「39Meister」は、NTTドコモの新規事業創出プログラム「39works」の一環として、2015年10月に誕生。
※2 「39works」は、パートナー企業と協創し、企画から開発、運用・保守までを共に進め、高速PDCAにより改善を繰り返しながら、新ビジネスを創出し、育むプログラムだ。

「39Meister」概要

提供内容

IoTプロダクトの市場投入を計画する企業に対して、(1)「リーン型開発手法」を採用した効率的な市場調査と最適な仕様策定、(2)製造パートナー企業との協業による高品質なプロダクトの試作・量産の受託等の事業化支援サービスを提供。また、知的財産や事業計画に関するアドバイスも行う予定。さらに、2016年9月からは「工程効率化クラウドシステム」の提供を予定しており、さらなる工程短縮を実現し、工程効率化に伴うコスト低減を図る。

提供開始日

2016年6月9日(木)

利用料金

個別見積り

申し込み方法

39Meisterホームページより問い合わせ

 
【関連リンク】
39Meister
ハタプロ(hatapro)
NTTドコモ(NTT docomo)

Previous

富士通、ものづくりに特化したAI活用基盤を開発し、コンサルティングサービスで提供

東京大学、次世代個人認証の大規模実証実験を実施

Next