エスキュービズム・テクノロジー、企業の課題をIoTで解決する、プロトタイピングから製品化までをプロジェクトチームが支援

株式会社エスキュービズム・テクノロジー(以下、Sテック)は、企業の課題をIoTの専門家によるプロジェクトチームで解決するLab&インテグレーション事業を開始した。多岐に渡るIoTプロジェクトに必要な要素をまとめ、実現性、有用性のあるソリューションを提供していくという。

【Lab&インテグレーション事業】
IoT製品プロトタイプの構築から実際の製品、事業化までプロジェクト内容に応じて相談が可能。
①エントリー:ハード制作 一式100万円~
②プロトタイプ構築プロジェクト 一式300万円~
③製品化プロジェクト 応相談

 

Lab&インテグレーション事業の特長

ソフトウェア、ハードウェア、通信環境を一気通貫で提供

SテックはIoTを構成する3つの要素である、ソフトウェア(総合アプリケーション)、ハードウェア(筐体、センサー、デバイス)、通信環境(IoTコアモジュール)を揃えている。

エスキュービズム・テクノロジー、企業の課題をIoTで解決する、プロトタイピングから製品化までをプロジェクトチームが支援エスキュービズム・テクノロジー、企業の課題をIoTで解決する、プロトタイピングから製品化までをプロジェクトチームが支援

各分野の専門家によって構成されるプロジェクトチームの編成

IoTによる新規ビジネス構築に欠かせない、ディレクター、プロジェクトマネージャー、メカエンジニア、ソフトウェアエンジニア、デザイナー、UXデザイナーなど、豊富なタレントが揃っており、課題に合わせた最適なプロジェクトチームを編成することが可能。
エスキュービズム・テクノロジー、企業の課題をIoTで解決する、プロトタイピングから製品化までをプロジェクトチームが支援

既存の業種別パッケージをベースにした迅速なIoT構築

Sテックはすでに業種ごとの課題解決を目的としたいくつかのIoT製品を保有している。既存の製品や技術を利用・応用することでスピード感を持って具体的なIoTソリューションを構築する。

▽駐車場×IoT
eCoPA
▽宅配×IoT
スマート宅配ボックス
▽ホテル×IoT
スマートホテルキー
▽飲食店×IoT
おかわりコースター

 

IoTパートナーコミュニティへの参画

さらに、Sテックは企業・団体の枠を越え、ベンダーフリーでIoTビジネスの具体化を目指すIoTパートナーコミュニティ(設置事務局:株式会社ウフル)へ参画する。コミュニティメンバーはIT企業、OT企業を中心としており、企業同士のビジネスマッチングやパートナーシップの構築、クライアント企業を交えたビジネス開発に取り組んでいく。社内でのプロジェクトチームに加え、社外パートナー企業との連携によるIoTビジネスの実現を目指す。

・名   称:IoTパートナーコミュニティ
・発 足 日:2016年5月31日
・設置事務局:ウフルIoTイノベーションセンター

 

【関連リンク】
Lab&インテグレーション事業
エスキュービズム・テクノロジー(S-cubism Technology)
ウフル(Uhuru)

Previous

HULFTの強みを生かしたIoT製品、HULFT IoT セゾン情報システムズ インタビュー

ショーケース・ティービー、AR/VRエンジン提供企業Kudan Limitedと業務提携し、商品の共同開発を実施

Next