フレクトのコネクテッド・カーアプリ「Cariot」、建設・物流業向けにデバイスと機能を強化

IoTを中心にクラウドインテグレーションを行う株式会社フレクトは、コネクテッド・カー・アプリケーション「Cariot」(=”Car(クルマ)“+”IoT“ キャリオット)のサービスにおいて、建設・物流業向けの対応デバイス拡充と、車両の到着予測や稼働率レポート機能を追加した。

 

「Cariot」とは

「Cariot」は、車両にOBD-II(※1)デバイスを差し込むだけで、インターネットやクラウドにつながるアプリケーション。位置情報や速度、燃費を始めとする幅広い車のデータの取得が可能で、属人的な管理に頼ることが多かった車の情報を可視化できます。

 

デバイス拡充と到着予測・稼働率レポート機能追加について

「Cariot」は2015年秋より、営業車両管理やバスの運行管理などで利用実績を積み重ね、2016年に入ってからは建設現場や物流業務を中心に「リアルタイムの車両位置把握による作業効率化」や「稼働状況の見える化による車両の最適配置」を目的に多く利用されるようになった。

建設・物流業では、走行記録の見える化と同時に「車両が目的地に着くタイミング」や「配送ルート通りに走行しているか」などの位置情報がリアルタイムで把握できる点が評価されている。リアルタイムにコミュニケーションが取れる事で、荷物の積み込みや下ろす時間のロスを減らしたり、トラックの走行ルートを管理する事が可能となる。

バスやトラックの中にはOBD-IIインターフェースがない車両も多く存在するが、これらのニーズに応えるためにシガーソケット(※2)対応デバイスの供給を開始、Cariotによる対応車両を大幅に拡充した。

さらに、建設現場、物流現場におけるアプリケーション機能も強化。目的地への到着時間の予測を通知できる「到着予測機能」、車両の最適配置を実現するために車両の稼働時間・日数が把握できる「稼働率レポート機能」を追加した。

フレクトのコネクテッド・カーアプリ「Cariot」、建設・物流業向けにデバイスと機能を強化
到着予測機能を使ったリアルタイム表示画面の例

 

今後の展開

「Cariot」事業では、コネクテッド・カーが当たり前になる未来に向けて、新しいコネクテッド・カーのユースケースを生み出していき、多くの顧客に貢献していくことを目指している。まずは2016年度内に5,000台の車両への「Cariot」の導入と新たなユースケースの創出を目標とする。

 

※1:OBD-II:On Board Diagnosis second generationの略。自動車の故障診断における国際規格。

※2:シガーソケット:元々はタバコに火を付ける為にあるシガーライター専用のソケット。近年は様々な車載アクセサリーを装着する用途で利用されている。

 

【関連リンク】
Cariot(キャリオット)

Previous

ぷらっとホームと日東工業、「屋外IoT・監視システムボックス」を共同発表

EduLab、ディープ・ラーニングに基づく音声認識技術を強みとするELSA, Corp.にアーリーステージ投資

Next