NEC、土砂に含まれる水分量から土砂斜面の崩壊の危険性を見える化する「土砂災害予兆検知システム」を発売

NECは、土砂に含まれる水分量から土砂斜面の崩壊の危険性の変化をリアルタイムに見える化する「土砂災害予兆検知システム」を製品化し、本日6月28日から販売活動を開始した。

同システムは、土砂斜面の崩壊の危険性を求めるために必要な土砂の重量・粘着力・摩擦、土中の水圧という土砂状態を表す4種のパラメータ(指標)を、土砂に含まれる水分量のみから算出するNECが開発したデータ解析技術を活用している。NECは島根県・津和野町をはじめ全国約10自治体で同技術の実証実験を行っており、今回これらの実証を通じて培ったノウハウを基に製品化された。

同システムの活用により、住民の避難時間や安全を従来以上に確保し、迅速な避難勧告・指示の実現に貢献するという。

 

背景

自治体は土砂災害にともなう避難勧告・指示を発令する際、都道府県と気象庁が共同で発表する「土砂災害警戒情報」を判断情報の一つとして活用している。

また、一部自治体は同情報に加え、土砂斜面に設置した監視カメラや傾斜計、ワイヤーセンサーなどの情報も収集し判断しているが、これらの方法では前兆現象を把握してから実際に土砂斜面の崩壊が起こるまで、わずかな時間となることもある。

一方、シミュレーションシステムによる予測には詳細な地形・地質情報や導入地域における過去の災害状況の分析が必要なため、導入費用が高額となっている。

 

価格

価格:1斜面あたり初期費用690万円、月額7万円~(いずれも税別)

※センサー子局3台、中継局1台、設計・設置工事費込みの参考価格

 

特長

同システムは、土砂斜面に設置し土砂に含まれる水分量を測定するセンサー子局、複数のセンサー子局の測定データをまとめてクラウドに送信する中継局、測定データを蓄積・解析するクラウドサービスから構成されており、主な特長は以下のとおりだ。

土砂に含まれる水分量から土砂斜面の崩壊の危険性を見える化

土砂斜面の崩壊の危険性を求める解析モデル「斜面安定解析式」に必要な土砂の重量・粘着力・摩擦、土中の水圧という土砂状態を表す4種のパラメータを、土砂に含まれる水分量のみから算出するNECが開発したデータ解析技術を活用。土砂に含まれる水分量を測定するセンサー子局を斜面に設置するだけで、リアルタイムに土砂斜面の崩壊の危険性の見える化が可能。

また、時間雨量・土砂に含まれる水分量の変化状況を蓄積し、過去の災害発生時および災害には至らなかった場合と現状の測定値の比較が可能。

低コストでのシステム導入・運用を実現

センサー子局は電源工事が不要なバッテリー稼働であり、かつ省エネ設計により2年程度の長期間稼働が可能。また、通信も免許申請が不要な920MHz帯特定小電力無線を利用。さらに、データ蓄積・解析機能はクラウドサービスとして提供。これらにより、低コストでのシステム導入・運用を実現。

NECの防災情報システムとの連携が可能

NECの防災情報システムとの連携が可能であり、同システムで土砂斜面の危険性や河川水位、監視カメラ映像など各種データの統合管理を実現し、迅速かつ的確な意思決定を支援。今後もシミュレーションシステムをはじめ各種システムとの連携を予定。

また、NECの土砂災害予兆検知システムとALSOKの24時間365日の監視サービスとの連携を検討しており、両社共同で実証実験を実施中。

 

【関連リンク】
日本電気(NEC)

Previous

アスクル、ロボットベンチャーMUJINと業務提携し、eコマースの物流現場へロボットを導入

東芝、ビッグデータ分析クラウドサービス「GridData Analytics Cloud」の提供を開始

Next