東芝、ビッグデータ分析クラウドサービス「GridData Analytics Cloud」の提供を開始

株式会社 東芝は、ビッグデータの収集・蓄積・分析までをワンストップで提供する「GridData Analytics Cloud」を本日6月28日から販売開始した。

同サービスは、スモールスタートで、すぐにビッグデータ分析を始めたいという要望に応えるクラウドサービスだ。同社は、大量のセンサーデータなどを分析・活用するIoTシステムや、Webログやアプリケーションログを分析・活用し、企業の販売活動に活かすマーケティングシステムなどに向けて提案していくという。

同サービスは、「データ分析をすぐに始めたい」、「スモールスタートで、将来にわたって拡張したい」という要望に応える。同社がオープンソースとして提供するビッグデータ向けスケールアウト型データベース「GridDB®」(注1)と、これまでデータ分析実績として培ってきた分析パターン・ノウハウに基づく分析ツール、さらにはFluentd(注2)やApache Spark(注3)などの標準的なオープンソース技術を組み合わせたクラウドサービスだ。大量のデータも高速に登録・更新・検索が可能で、データ量や処理性能に応じた柔軟な拡張が容易にできるため、分析データの拡大が見込まれる場合にも適している。オープン環境のため、利用者が要望する他のソフトウェアやサービスとも容易に連携できる。

同社は同サービスとともに、データサイエンティストによる分析手法の提案や効果検証を行うプロフェッショナルサービスも提供する。自部門でビッグデータ分析することに難しさを感じている場合でも安心してデータ分析を試行・導入できるサービスを提供する。

 

同サービスの利用シーン

次のようなシステムの迅速な実現に貢献する。

大量のセンサーデータやマシンログを分析・活用するIoTシステム

例:工場の歩留り向上・品質改善、生産設備などの故障予兆分析、遠隔監視・保守 など

Webログやアプリケーションログを分析・活用するマーケティングシステム

例:購買意欲の喚起、レコメンド(おすすめ商品の推奨)、購買・人流分析、需要予測 など

 

収集・蓄積・分析の機能・特長

収集・蓄積・分析における機能・特長は次のとおり。

収集

さまざまなデータを高速かつ簡単に収集できる。Fluentdを基盤としたエージェント機能により、Webログ、アプリケーションログなどの発生周期が短いデータを簡単に収集する。また、センサーデータ、デバイスデータなどを収集する「SmartEDA®(注4)」と連携することでさまざまなデータを効率的に収集できる。さらに、ローダー機能により、CSVファイルや文書(テキスト、PDF、Microsoft® Officeデータ等)を高速に収集することができる。

蓄積

スケールアウト型データベースGridDB®を活用することで、大量のデータでも高速な更新や検索処理を実現する。時系列データに対応し、IoTでのデータ分析を容易にしている。また、蓄積されたデータはWeb APIで構成されるため、さまざまな外部アプリケーションとのデータ連携が容易に行える。

分析

IoTでのデータ分析やマーケティングデータの分析に適した分析パターン・アルゴリズムに加え、時系列データを可視化する仕組みや、さまざまな分析ツールと連携する仕組みを提供する。

・並列分散処理エンジン:Apache Sparkを基盤に複数の処理ユニットが同時に情報処理を実行
・事象パターン抽出エンジン:同社のデータ分析に関するノウハウを活かし、データの相関関係をパターン抽出
・テキスト分類・抽出エンジン:膨大なテキストデータを利用目的に応じた手法で分類・キーワード抽出
・機械学習アルゴリズムエンジン:Spark MLlibによる機械学習アルゴリズム提供 など

さらにデータ分析の試行錯誤が容易に行えるように、Webブラウザ上でデータの可視化やパラメータ変更を簡単に行えるアナリスティック・スタジオを提供。これらにより、負担のかかっていた分析作業の負荷を軽減する。

 

サービス価格

スタンダードプラン:
1ヶ月10億レコードまでの収集・蓄積・分析(Apache Sparkによるバッチ分析(注5)/アドホック分析(注6))
350,000円(税抜)/月額 ~

 

注1 2016年2月25日リリース「ビッグデータ向けスケールアウト型データベース「GridDB」のソースコードを公開」
注2 Fluentd:データを収集するためのオープンソースのツール(コレクタ)
注3 Apache Spark:オープンソースの並列分散処理エンジン
注4 SmartEDA®:データ収集と機器の制御を行うことができる同社製ソフトウェア/クラウドサービス
注5 バッチ分析 : 分析の処理手順や観点が一定で、定期的に行う分析
注6 アドホック分析 : 処理手順や観点を利用者が随時変更しながら行う非定型分析

 

【関連リンク】
東芝(TOSHIBA)
東芝ソリューション(Toshiba Solutions)
GridData Analytics Cloud

Previous

NEC、土砂に含まれる水分量から土砂斜面の崩壊の危険性を見える化する「土砂災害予兆検知システム」を発売

三井住友銀行、米国・SRIと覚書を締結し、日米のロボット分野の発展で相互協力

Next