フレームワークス、GROUNDと資本業務提携、次世代物流オペレーションを目指す

大和ハウスグループの株式会社フレームワークスは、LogiTech(Logistics x Technology)領域において“Intelligent Logistics”の創造を担うGROUND株式会社との資本業務提携を締結した。

今回の戦略的な資本業務提携によって、フレームワークスが現在開発中の「次世代ロジスティクスプラットフォーム(Connected Logistics)」の構築が加速されることとなり、創業以来、国内外で多数の導入実績も持つWMS(倉庫管理システム)とGROUNDが扱う自動搬送ロボット「Butler(バトラー)」の制御システム(WCS)とを連結することで、より高度で先進的な物流オペレーションを実現し、物流現場にイノベーションを喚起する革新的なソリューションを提供していく。

近年、様々な物流課題を抱える我が国において、特に労働生産人口の急減による慢性的な労働力不足となっている物流現場では、ヒトと機械・ロボットの共存が主流となり、限られた人的資源の活用を最大化する運用が今まで以上に重要視されている。フレームワークスは、GROUNDと共に、この課題の根本的解決を目指し、最先端の物流オペレーションの展開を加速し、未来へ向けたロジスティクスの発展を支えていくという。

 

フレームワークス、GROUNDと資本業務提携、次世代物流オペレーションを目指す
GROUND: 自動搬送ロボット「Butler (バトラー)システム」

 

【関連リンク】
ダイワハウス(DaiwaHouse)
フレームワークス(FRAMEWORX)
GROUND
Butler(バトラー)

Previous

エコノミカル、格安SIMサービス「ロケットモバイル」法人契約IoT/M2M向けβサービス提供を開始

ベジタリア、農業IoT事業の拡大に向け、NTTドコモとの資本業務提携を締結

Next