イッツコム、CNCiグループとIoTサービス「インテリジェント ホーム」の販売において基本合意

イッツ・コミュニケーションズ株式会社(以下、イッツコム)は、 株式会社コミュニティネットワークセンター(以下、CNCiグループ)と、スマートホームサービス「インテリジェントホーム」の販売において基本合意したことを発表した。

「インテリジェントホーム」は、対象物件に設置したIPカメラ、スマートロック(電子錠)、センサー(モーションセンサー、ドア窓センサー)、家電コントローラーなどのデバイス(機器)一式を、インターネット回線を経由し、顧客のスマートフォンやモバイル端末の専用アプリケーションを利用して遠隔でコントロールできるホーム・コントロールおよびホーム・モニタリング型サービスだ。

今回、基本合意したCNCiグループは、東海エリアの11のケーブルテレビ事業者からなり、各事業者は7月より順次「インテリジェントホーム」サービスの販売を開始する。

イッツコムは、「インテリジェントホーム」のライセンスをCNCiグループ各社に提供し、イッツコムの子会社Connected Design株式会社が「インテリジェントホーム」に接続する各種デバイスの販売をする。

なお、「インテリジェントホーム」は既に、旭川ケーブルテレビ株式会社、沖縄ケーブルネットワーク株式会社、株式会社ひろしまケーブルテレビ、株式会社ふれあいチャンネル、株式会社ベイ・コミュニケーションズ、株式会社南東京ケーブルテレビなど全国のケーブルテレビ事業者に採用されている。

 

【関連リンク】
イッツコム(iTSCOM)
コミュニティ ネットワークセンター(CNCI)
コネクティッド・デザイン(Connected Design)
旭川ケーブルテレビ(ASAHIKAWA CA-TV)
沖縄ケーブルネットワーク(OCN)
ひろしまケーブルテレビ(HICAT)
ふれあいチャンネル(Fureai Channel)
ベイ・コミュニケーションズ(Baycom)
ケーブルテレビ品川(SOUTH TOKYO CABLETELEVISION)

Previous

ベジタリア、農業IoT事業の拡大に向け、NTTドコモとの資本業務提携を締結

日立パワーソリューションズとEurotech、エッジコンピューティング環境で設備の想定外停止の予兆診断を可能にするシステム「HiPAMPS-Edge」の共同開発に合意

Next