福井大学とオムロン、IoT技術の“まちおこし“活用を共同研究

国立大学法人 福井大学とオムロン株式会社は、ネットワークカメラセンサーを福井県下の自治体施設や商業店舗等に設置し、地域活性化(まちおこし)における顔画像センシング技術「OKAO(R)Vision」の活用効果を検証する経営学的研究を行うことで合意した。

同研究では、オムロンが「OKAO(R)Vision」を搭載したネットワークカメラセンサー「ヒューマンビジョンコンポ HVC-C2W」(※1)と専用アプリケーションソフトウェア「マーケティングアプリ」(※2)を用い、来訪者の性別や年齢などの情報を収集する。福井大学はネットワークカメラセンサーから得られたデータを基にソフトウェア上で時間ごとの来訪者の変化等を分析し、公共施設の利便性の向上や店舗等の売り上げを拡大するための仕組みづくりに取り組む。

同研究は、福井大学がキャンパスを置く福井県吉田郡永平寺町の協力を得て、最初の調査フィールドとして同町の役場や図書館などの公共施設にネットワークカメラセンサーを設置し行う。福井大学は現在、永平寺町と共に、永平寺町を“学生が集い活力のある地域”とするためのまちづくりに取り組んでいます。福井大学とオムロンは、あらゆるものがインターネットにつながるIoT時代において人と機械のインターフェースとして重要な役割を担う顔画像センシング技術を用い、新たなまちづくりの手法を確立することで、永平寺町の更なる活性化に貢献するという。

福井大学とオムロンは産学官連携により、先端技術を応用した地域活性化の手法を検証していく。同研究を通じ、福井大学は地域研究の新たなモデル構築を目指し、オムロンは安心・安全で快適な社会の実現に貢献する新たなアプリケーションを創出していく。

・研究期間
平成28年6月30日 から 平成29年3月31日

・研究実施場所
福井県吉田郡永平寺町

・研究主担当者
福井大学産学官連携本部・准教授 竹本 拓治

 

(※1)ネットワークカメラセンサー 「ヒューマンビジョンコンポ HVC-C2W」について
「HVC-C2W」は、オムロン独自の顔画像センシング技術「OKAO(R)Vision」により、表情や性別、年齢、視線、ジェスチャーなど人の状態を認識し、その結果を無線でスマートフォンやタブレットに送信しアプリで簡単に操作できる、手のひらサイズのネットワークカメラセンサー。2015年9月に、寝ている赤ちゃんや留守中のペットなどの状態や動きを検出し、必要なタイミングにスマートフォンやタブレットにプッシュ通知で知らせるなど、家族を見守り、安心・安全な暮らしをサポートするセンサーとして発売。同年10月に開催されたアジア最大級の最先端IT・エレクトロニクス総合展CEATEC JAPAN 2015では『CEATEC AWARD 2015』ライフスタイル・イノベーション部門 準グランプリと、『米国メディアパネル・イノベーションアワード』ヘルス&ハウスホールド部門賞を同時に受賞した。

(※2)「マーケティングアプリ」について
「マーケティングアプリ」は、HVC-C2Wの専用アプリケーションソフトウェア。顧客の年齢や性別を日、月、天候などの単位に分けて分析できる「客層分析機能」や、撮影したエリアで顧客が滞留していた位置を視覚的に確認できる「ヒートマップ機能」を備えている。ユーザーは「HVC-C2W」で検出した顧客の状態を「マーケティングアプリ」で分析することで、特定の客層に向けた商品を導入したり、新たな集客に向けた企画を立案したりすることが可能。また、商品の最適な陳列方法を検討するなど、データに基づいた効率的な売り場づくりを実現できる。

 

【関連リンク】
福井大学(UNIVERSITY OF FUKUI)
オムロン(OMRON)

Previous

mofmof、人工知能チャットbot作成サービス「My-ope(マイオペ)」の事前登録を開始

野村総研、人工知能を活用し、窓口業務の効率化と高度化を支援するAI型ソリューション「TRAINA/トレイナ」を提供開始

Next