ウェルビーとオムロン ヘルスケア、高血圧管理領域でサービス連携、効率的な高血圧診療をサポート

株式会社ウェルビーと、オムロン ヘルスケア株式会社は、高血圧管理領域において、サービス連携を開始した。

ウェルビーの生活習慣病患者向け医療アプリ「Welbyマイカルテ」に、オムロン ヘルスケアが医師とともに作り上げた血圧管理プログラム「メディカルリンク」の基本機能を連携。オムロン ヘルスケアの持つ血圧分析ノウハウと、ウェルビーの生活習慣病をはじめとする様々な慢性疾患における患者向け治療支援デジタルサービス(PHR< Personal Health Record>サービス)が連携することで、高血圧患者の日々の血圧管理の利便性向上、および患者の測定データを自動的にグラフ化して医師に共有することで、効率的な高血圧診療をサポートする。

今後、高血圧患者は、オムロン ヘルスケアが提供する通信機能を搭載した家庭用電子血圧計(※1)と、「Welbyマイカルテ」(AndroidおよびiOSに対応、※2)をデータ連携させることで、測定した血圧データの数値を手動入力することなく、Bluetoothを介して、自動的に「Welbyマイカルテ」に取り込み、記録・管理をすることができる。測定データの記録、管理を自動化することにより、より簡便に患者自身の健康管理を行うことができる。

また、オムロン ヘルスケアが高血圧分野の医師の監修のもと開発・提供している血圧分析サービス「メディカルリンク」の基本機能を、「Welbyマイカルテ」に提供し、両サービスの連携を進め、医師及び患者の利便性を向上する。医師は、患者が家庭で測定した血圧データを、診療に役立つグラフ(※3)で確認することができるほか、血圧以外の測定データや食事内容、服薬情報などの記録も管理できる。患者は、自身のスマートフォンを使って、無料で、血圧以外のデータも含めて自己測定記録をグラフ等で確認することができる。

今後は、連携する家庭用医療機器のラインナップを拡充し、ソフトウェアの改良を重ねることで、さらに医師や患者にとっての利便性を上げるようにサービスを提供していくという。

 

※1 対応する測定機器:
上腕式血圧計 HEM-9200T(2016年6月20日発売)
ボタン1つで操作ができるシンプル設計、見やすく大きな液晶画面など使いやすさを追求した上腕式血圧計。Bluetooth通信機能を搭載し、測定データを簡単に対応アプリに転送し、管理することができる。
ウェルビーとオムロン ヘルスケア、高血圧管理領域でサービス連携、効率的な高血圧診療をサポート

※2 「Welbyマイカルテ」 測って、記録して、つながる治療ノート
患者向けサイト / 医療者向けサイト

※3 医師向け画面例

ウェルビーとオムロン ヘルスケア、高血圧管理領域でサービス連携、効率的な高血圧診療をサポート

 

【関連リンク】
ウェルビー(Welby)
オムロン ヘルスケア(OMRON HEALTHCARE)

Previous

NTTデータ、ITを活用した次世代車社会の実現に向け、NTTデータMSEの株式の一部をデンソーに譲渡

アドテクスタジオ、人工知能を活用したチャットボット事業子会社”株式会社AIメッセンジャー”を設立

Next