iVacation、スマート民泊を実現するIoTデバイス「TATERU Phone(タテルフォン)」の研究開発に着手

 アプリではじめるアパート経営「TATERU(タテル)」の開発・運営を行う株式会社インベスターズクラウドの民泊事業を行う子会社である株式会社iVacationは、スマート民泊を実現するIoTデバイス、スマホでできる“おもてなし”「TATERU Phone」の研究開発に着手した。

 

スマホでできる“おもてなし”「TATERU Phone」の研究開発に着手

「TATERU Phone」は、民泊宿泊者に無料でレンタルを行い、日本で快適に過ごしてもらうためのIoTデバイスだ。

スマート民泊を可能にするため、チェックイン、チェックアウトはもちろんのこと、スマートキーの利用や、チャットでの問い合わせなども多言語で対応する予定。

また、「TATERU Phone」にはBeacon機能(※)を搭載し、将来的には飲食店や土産店からのメッセージやクーポン、またルートナビゲートや店舗サイトの表示、口コミ投稿などが出来るよう利用者がスマートに旅行を楽しめる機能を充実させていくという。その他機能につきましては、企業提携を通じて拡大を図っていく予定。

一部機能を搭載した実証実験を2016年9月より開始し、2017年の実用開始を目指す。

 

「TATERU Phone」開発予定機能

iVacation、スマート民泊を実現するIoTデバイス「TATERU Phone(タテルフォン)」の研究開発に着手

チェックイン、チェックアウト

予約ナンバーを入力し、簡単チェックインできます。
 

スマートキー

スマートフォンアプリで鍵の操作が可能。

FAQ

民泊利用者に対し、物件の利用ルールやよくあるQ&AをまとめたFAQを閲覧できる。

チャット

多言語対応のコンシェルジュにいつでもどこでも、チャットを通じて問い合わせができる。

ブラウザ

インターネットのブラウザで、旅行情報など様々な情報を検索できる。

コールセンター

多言語対応のコールセンターへ直接連絡することができる。

 

【関連リンク】
インベスターズクラウド(investors cloud)

Previous

エンルート、ドローン事業拡大のため、スカパーJSATグループに参加

TDSEの人工知能型SNS分析サービス「NetBase」、フジテレビの参議院選挙報道特番に導入決定

Next