SCREENホールディングス、タイ・首都バンコク北部にプリント基板関連の保守サービス会社を設立

株式会社SCREENホールディングスは、主要なグループ会社である株式会社SCREENグラフィックアンドプレシジョンソリューションズの系列グループ会社として、プリント基板製造装置の保守サービスを行う子会社「SCREEN GP (Thailand) Co., Ltd.」をタイのパトゥムタニ県(首都バンコク北部)に設立し、8月1日から営業を開始することを発表した。

近年、プリント基板関連業界では、IoT関連需要を背景に、スマートフォンの薄型化や自動車の電子化など、デジタル機器の多様化が進んでいる。プリント基板メーカー各社は、より効率的な生産体制を実現できる東南アジア諸国への進出を加速させており、関連製造装置のサプライヤーにも、迅速かつ高品質に対応できる現地保守サービス体制の確立が求められている。

今回設立されるSCREEN GP (Thailand)は、SCREENグラフィックアンドプレシジョンソリューションズが手掛けるプリント基板直接描画装置や外観検査装置などに関する、タイでの保守サービスを行う会社。サポート機能の現地化により、同国で展開する顧客へのサービス品質と専門性を一層高め、将来的には生産ライン保守業務における365日24時間対応も視野に入れ、顧客満足度のさらなる向上を図るという。

 

【関連リンク】
SCREENホールディングス(SCREEN Holdings)
SCREENグラフィックアンドプレシジョンソリューションズ(SCREEN GP)

Previous

ロボットスタート、「国内コミュニケーションロボット業界マップ」2016Q3版発表

ニフティ、「NifMo法人サービス」にてM2M/IoTでの利用に適した上り特化プランとデータシェアプラン、管理者ツールを提供開始

Next