レオパレス21、グラモと提携し住戸のIoT化を加速

株式会社レオパレス21と株式会社グラモは、グラモの展開するスマートフォンによる家電制御機器『iRemocon』をベースに、独自にカスタマイズした『Leo Remocon』を新たに共同で開発し、レオパレス21の新築全戸(※1)に標準装備することを決定した。10月完成物件より順次装備していくという。

『Leo Remocon』は、レオパレス21に標準で備え付けられている家電はもちろん、入居者が所有している赤外線リモコン対応家電をスマートフォンから遠隔で操作や、室内の温度・湿度・明るさの情報を表示できるようにする機器だ。

入居者が手軽にスマートハウスを体験できるよう、『Leo Remocon』では、入居者に専用アプリを提供し、Life Stick(レオネット)対応等の独自機能を利用できる。

レオパレス21、グラモと提携し住戸のIoT化を加速
(左)環境センサー画面  (右)リモコン操作画面

 

今回の提携の背景

レオパレス21の入居者に、より先進的で安心・快適な生活を提供すべく、レオパレス21は家電コントロール分野でのパイオニア的な存在であるグラモをアライアンスパートナーとして選定した。グラモの持つ製品やノウハウをレオパレス21の住居空間に適用することによって、入居者により良いサービスを持続的に提供可能と考えているという。

 

今後の展開に関して

今後も、様々な家電コントロール分野で多くのシェアを持つグラモの高い技術力をレオパレス21の物件に採用することによって、常に最先端の住空間を実現。グラモが今後開発を予定する新機能や、セキュリティ等のシステムを段階的に導入することによって、今後もより高度な住空間の提供を共同で目指すという。

 

Leo Remoconに関して

主な利用シーン

・外出先から照明やエアコンを制御して快適に
・外出先から自宅の温度・湿度・照度の情報を見て部屋の状況を確認
・在宅中にソファーに座ったままスマートフォンから機器を制御

主な機能

・今使っているスマートフォンが超高機能リモコンになる
・家の中でも外出先からも、家電をコントロール
・超高出力赤外線LEDにより部屋の隅々の家電を制御
・高性能赤外線学習ロジック
・センサー搭載により、お部屋の状況をモニター
・GPSと連動した家電制御機能:駅にGPSのエリアを設定すると、電車を降りたときから自宅のエアコンを作動させることができるので、帰宅後すぐに快適な時間を過ごすことができる。
・音声認識による家電制御機能:料理中など手が離せない状況でも音声のみでの操作が可能。
・登録した手順で自動で家電を制御するマクロ機能
・タイマー機能:ピンポイントで日にちを指定したり、期間を指定することができる。例えば、留守中の家の防犯などに設定することが可能。

レオパレス21独自機能

・予め備え付けの家電を設定済みなので面倒な設定は不要
・備え付けの家電に最適化されたリモコンデザインが利用可能
・Life Stick(レオネット)に対応

対応アプリ

iOS/Android対応の専用アプリ

 

『iRemocon』とは

『iRemocon』に家電のリモコン信号を学習させることによって、自宅や外出先からスマートフォン(iPhone/Android)で様々な家電をコントロールすることができる家電製品。

発売以来、一般のユーザーだけでなく、スマートフォンを利用して手軽にホームオートメーションが実現できる機器として、マンションデベロッパーやハウスメーカー等が販売する部屋に標準採用されるなど、建設業界から注目を集めている。

 

※1 ファミリー向けを含み一部物件を除く。

 

【関連リンク】
レオパレス21(Leopalace21)
グラモ(Glamo)
iRemocon

Previous

ファーウェイ、MWC Shanghai 2016でエンドツーエンドのNB-IoT Solutionを発表

東芝、産業機器・設備の「見える化・遠隔監視」を迅速に実現できる「IoTスタンダードパック」の提供を開始

Next