DeNA、EasyMileと業務提携し、私有地における無人運転バスの交通システムを導入

株式会社ディー・エヌ・エー(以下、DeNA)は、仏EasyMile S.A.と業務提携し、私有地における無人運転バスを使用した交通システム「Robot Shuttle(ロボットシャトル)」を2016年8月から運用する。

 

「Robot Shuttle」は、EasyMile社開発の自動運転車両「EZ10」を利用した交通システム。最大12名が乗車できる車両は電気自動車で、運転席はなく予め作成した地図データ上に設定したルート上をカメラ、各種センサー、GPSを用いて自車両の場所を測定しながら自動で走行する。自車両の近くやルート上に障害物を検知した場合はその障害物との距離に応じて自動的に減速・停車をすることで危険を回避する。

現状、日本国内では私有地のみ走行が可能なため、各種公共施設・商業施設・テーマパーク・工場などの内部における運用が想定されている。

最初の事例として、2016年8月にイオンモール株式会社による「Robot Shuttle」サービスの試験導入が決定した。イオンモール幕張新都心に隣接し同社が千葉市から管理の一部を委託されている豊砂公園の敷地内において、同店の顧客向けの運営を行う予定。

イオンモール株式会社をはじめとするイオングループは地域・行政・企業などと協働で地域ごとに「地域エコシステム」の構築を推進している。その柱の一つとなるテーマ「地域内の交通や移動の進化」の一環として、今回の試験導入は位置づけられているという。

 

【関連リンク】
ディー・エヌ・エー(DeNA)
EasyMile
イオンモール(AEON MALL)

Previous

EduLab、ディープラーニングに基づく人工知能を活用し、日本語の手書き文字認識率98.66%を実現

内田洋行とインテル、「教育IoT」で協業

Next