フィナンシャル・エージェンシー、医療保険分野における保険IoT実現を目指し、医療モバイルICTのアルムと業務提携

株式会社フィナンシャル・エージェンシーは、医療ITサービスを提供する株式会社アルムと、医療情報アプリケーションを活用した保険事業において業務提携をすると発表した。

近年、あらゆるモノがインターネットを介してつながり、新たな価値を創造する「IoT」が、新たなビジネスの創出や生活者に役立つサービスを実現するものと期待され、多くの企業が積極的に取り組み始めている。保険業界、医療業界にもIoTの潮流があり、今回、保険IoTの実現を目指して医療モバイルICT の先駆者であるアルムとの業務提携を決定した。

同提携により、フィナンシャル・エージェンシーは、アルムの救命・救急、医療補助アプリ「MySOS」に保険ソリューションを提供する。

 

「MySOS」は、救急時における対処法などをまとめた救急ガイド、周辺のAED・医療施設を検索できる機能のほか、自身の健康診断データや検査・診察・投薬データ・医用画像等の情報を記録・管理することができるアプリケーションだ。

患者自身が病院や健診センターで受けた健康診断・検査結果などの医療情報を持ち歩くことができ、いざというときに医療関係者への情報伝達をサポートする。患者-医療機関間での情報をネットワーク化し、アルムの医療情報プラットフォームのアプリケーションと連携することで、さらなる医療の効率化を図り、患者の救命率向上への大きな役割を果たすという。

 

フィナンシャル・エージェンシーでは、「MySOS」のアプリ上で「MySOS」会員向けに開発したギフト保険(無料保険)を提供する。ギフト保険契約者には更新期間前にフィナンシャル・エージェンシーの専任コンサルタントが連絡を行い、有料保険への更新や他の保険商品等の提供を行う。

また、「MySOS」会員には、フィナンシャル・エージェンシーの保険フォローサービス「よつば」を提供。

通常「よつば」はフィナンシャル・エージェンシーで保険契約がある方に無料で提供するサービスだが、「MySOS」会員は、該当保険契約の有無に関わらず、無料でサービスが提供される。

さらに「MySOS」「よつば」間にて、病院へ診察を受けた際のデータを共有し、即座に保険契約における保険金請求勧奨を行うことで保険金の早期受給と給付漏れ防止を行っていくという。

 

また、既存の「よつば」会員に対しても、フィナンシャル・エージェンシーにて「MySOS」会員への新規登録も促進していく。

「よつば」会員は既に2 万人を超えているが、今後フィナンシャル・エージェンシーの提携する保険会社・保険代理店の保険契約者約1000 万人にもサービス提供を進め、2020 年までに「MySOS」「よつば」双方で1000 万人を擁する医療情報サービスと保険フォローサービスの会員組織を目指しているという。

 

今後は、「MySOS」「よつば」において蓄積した膨大な医療データを解析し、新しい医療保険等の商品開発を行っていく予定としている。単なる医療データを元にした商品開発ではなく、それら商品を必要とする属性の会員に商品提供ができる保険プラットフォームを創造していく。

 

「MySOS」概要

倒れている人を発見した際に必要な一次救命処置の流れや、近隣のAED 情報の検索、表示が可能。また、子どもの急病への対処に迷った時の救急受診のガイドを提供。自分自身のカルテ情報を登録しておくことで、自分が倒れた時に医者や病院への情報伝達やご家族への緊急連絡を可能にし、スムーズな救急搬送をサポート。

 

【関連リンク】
フィナンシャル・エージェンシー(FINANCIAL AGENCY)
アルム(Allm)
MySOS

Previous

PTCとISID、サービスパーツ管理ソリューション「PTC SPM LIGHT」の提供を開始

ソフトバンクの「+Style」、まるで本物の子犬のように育成できる子犬型ロボット「Meet CHiP」を販売開始

Next