Colt、ソラコムとの戦略的提携によりIoT市場拡大を支援

Coltテクノロジーサービス株式会社(以下、Colt)は、IoT向け通信プラットフォーム「SORACOM」を提供する株式会社ソラコムとの戦略的パートナーシップにもとづき、Coltの次世代イーサネットサービス「etherXEN」をSORACOMへの新たな接続選択肢として提供することを発表した。

Coltはネットワーク分野におけるソラコム初の戦略的パートナーであり、今後、ネットワークサービス提供における技術力と専門性をIoT市場にも展開していくという。

 

ColtがSORACOMに提供する「etherXEN」は、SORACOMを利用したIoTシステム構築に際し、AWS外にある顧客拠点、クラウド、データセンターとSORACOMとをダイレクトに接続する「SORACOM Direct」向けイーサネットサービスだ。

Coltの「etherXEN」は、インターネットを介さない閉域網かつ冗長構成ネットワークにより、認証情報の付与、暗号化、課金処理等IoTビジネスに付随するセキュリティ要件の高いデータの伝送に適している。さらに、IoTビジネスが生成する大量データの集中的な送信や連続的なセッション確立にも対応できる低遅延、帯域保証、バースト対応のイーサネットサービスだ。

同サービスの主な特徴は以下のとおり。

安定したパフォーマンス

インターネットを介さない閉域網で「SORACOM」と顧客の希望するパブリッククラウド、プライベートクラウドおよびデータセンタを直接接続することにより、顧客のIoTビジネスに安全で快適な環境を提供する。

品質劣化や遅延の影響を最小化し、安全性の高い安定したネットワークを利用することが可能。

 

超低遅延・高信頼性ネットワーク

金融サービスプロバイダーのミッションクリティカルなアプリケーションの要求を満たすColtの超低遅延、高信頼性ネットワークによって、「SORACOM」への低遅延かつ安定した接続が可能となる。

エンド・ツー・エンドでの高いレベルの冗長設計により、障害発生時には50msec内での自動切替が行われ、顧客サービスへの影響を最小化する。

また、エンド・ツー・エンドで回線帯域を保証し、99.99%の可用性SLAを提供する。

 

高い拡張性と柔軟性

回線終端装置設置済みの場合、最短10営業日以内に開通が可能となる。

また、すべての顧客に1Gbpsのアクセスリンク容量を提供しているため、物理工事なしに帯域の柔軟な変更が可能となる。

また、初期導入時は最小帯域で利用開始し、需要の変化に応じて1Gbpsに変更することも可能(10営業日以内の帯域アップグレード)。

 

提供品目は、帯域保証型の場合50Mbps、100Mbps、200Mbps、300Mbps、400Mbps、500Mbps、1Gbpsから選択可能であり、バースト型の場合は1Gbps、3Gbps、5Gbpsの帯域を保証し最大10Gbpsまでのバーストが可能。

サービスには、アベイラベイリティ保証、故障復旧保証、帯域保証、納期遅延保証が適用される。「etherXEN」の価格は、提供品目、提供エリアなどによって異なる。

 

【関連リンク】
コルト(Colt)
ソラコム(SORACOM)

Previous

インフォコム、IoTを用いた認知症ケアソリューションを開発

マクニカ、IDCフロンティアと、konashi、「myThings」連携で自作IoTデバイスが簡単に作れるスターターキットを提供

Next