日産、新型「セレナ」に自動運転技術「プロパイロット」を搭載

日産自動車株式会社は13日、8月下旬発売予定の新型「セレナ」に、自動運転技術「プロパイロット」を初搭載すると発表した。

「プロパイロット」は、革新的かつ安心して使用できる高速道路の単一車線での自動運転技術である。渋滞走行と、長時間の巡航走行の2つのシーンで、アクセル、ブレーキ、ステアリングのすべてを自動的に制御し、ドライバーの負担を軽減する。高度な画像処理技術によって、道路と交通状況を把握し、ステアリングを正確に制御して人間が運転している感覚に近い自然な走行を実現する。今回、新型「セレナ」へ「プロパイロット」を搭載するにあたっては、日本の高速道路での使いやすさを徹底的に追求した開発が行われた。

「プロパイロット」は、ステアリングスイッチの操作で簡単にシステムを起動・設定することができるほか、システムの状態を分かりやすく表示する専用ディスプレイを採用するなど、使いやすさと運転感覚に拘ったインターフェースも大きな特徴の一つだ。

先進の画像処理ソフトウェアを搭載した単眼カメラにより、前方車両や白線を瞬時に三次元的に把握し、その情報をもとにアクセル、ブレーキ、ステアリングの制御を行うという。システム作動時は、ドライバーが設定した車速(約30~100km/h)内で、先行車両との車間距離を一定に保つよう制御することに加え、車線中央を走行するようにステアリング操作を支援する。

先行車両が停車した場合:
① システムが自動的にブレーキをかけて停車。
② 車両が完全に停止した場合、ドライバーはブレーキを踏むことなく、停止状態を保持。
③ 先行車両が発進した際は、ドライバーがレジュームスイッチを押すかアクセルペダルを軽く踏むだけで、追従走行を再開。

日産、新型「セレナ」に自動運転技術「プロパイロット」を搭載

日産は「ゼロ・エミッション」、「ゼロ・フェイタリティ」の2つのゴール実現に向け、クルマの電動化、知能化に取り組んでいる。さらに将来に向け、ワクワクしたモビリティを実現するために、「ニッサン インテリジェント モビリティ」の取り組みを進めている。今回の「プロパイロット」は、より安全で意のままのドライビングを可能にすることにより、ドライバーに更なる自信をもたらし、乗車しているすべての人に快適さを提供する「ニッサン インテリジェント ドライビング」を具現化するものだ。

「プロパイロット」は、2017年に欧州で「キャシュカイ」に搭載するほか、今後、米国、中国へも順次導入していく予定だという。さらに2018年には高速道路での車線変更を自動的に行う、複数レーンでの自動運転技術、2020年までに、交差点を含む一般道での自動運転技術を投入予定としている。

【関連リンク】
日産(NISSAN)

IoT/AIのトレンドや事例をお調べですか?
IoTNEWSでは、IoT/AIのトレンドレポートを毎月作成、法人会員限定で配布しています。 また、毎月有識者による様々なテーマでの勉強会を実施しております。
詳細はこちら
Previous

組込み系がIoT時代に考えるべきこととは -ユビキタス代表取締役社長 佐野氏インタビュー

ニフティIoTデザインセンター、オムロンが新たに発売する「環境センサ」の企画開発で連携

Next