PTC、IoTプラットフォームのThingWorx バージョン6.0を発表

【2015年 5月21日】

PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC、社長兼CEO:ジェームス(ジム)・E・へプルマン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑原 宏昭)は、本日、エンタープライズIoT(モノのインターネット)アプリケーションの開発、展開のための安全かつ拡張性の高いIoTプラットフォームの最新版であるThingWorx(R) バージョン6.0をリリースしたとの米PTCの発表を明らかにした。

IoT市場の急速な拡大と成熟化により、企業は、接続された数百万のデバイスから発生する毎秒数十万回のトランザクションを処理するため、エンタープライズレベルで展開するIoTソリューションを確実に拡張する必要がある。

ThingWorxバージョン6.0は、企業がソリューションを従来不可能と考えられていた水準まで拡張するツールや機能を提供し、安全なソリューションを高い操作性を維持しながら適切な形で展開、拡張することを可能にする。

ThingWorx, a PTC Businessの社長ラス・ファデル(Russ Fadel)は「ThingWorxバージョン6.0は、IoTの拡張性、セキュリティ、プラットフォームの拡張のしやすさにおいて新たなスタンダードを確立します。ThingWorxの強力なフェデレーション機能と新たなデータストレージエンジンを組み合わせることで、顧客はデータの分散配置の実装が可能になり、可用性、法規制対応、パフォーマンスの最大化が実現できます」と述べている。

・関連リンク
PTC ジャパン株式会社

Previous

MIKAWAYA21 女性社長が、ドローン宅配で限界集落を救う

PTC、ビッグデータ マシンラーニング、予測分析のリーディング企業ColdLight社を買収

Next