スマホを動かして、まるでその場にいるみたい!国内初のバーチャルリアリティ観光アプリ「VR観光体験~北海道美唄市~」リリース

株式会社ダブルエムエンタテインメントは、北海道美唄市より、スマートフォンやタブレット本体を動かした方向に画面の中が360°動く、バーチャルリアリティ(VR)体験で北海道美唄市の観光スポットを巡るスマートフォンアプリ「VR観光体験~北海道美唄市~」をリ リースした。

 

Android版
https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.hokkaido.bibai.city.travelvr

iOS版
https://itunes.apple.com/jp/app/travel-experience-through/id999745198?l=ja&ls=1&mt=8

 

■アプリの概要

同アプリは、スマートフォンやタブレットの本体を傾けたり、持って動かすことで、その方向に応じて画面内の画像も動く。

まるで画面を通じて実際にその場所にいるような体験をすることができる。

 

 

専用のVRゴーグルを装着することで、その空間にいるような感覚(没入感)はさらに上がる。

VRゴーグルは、GoogleCardBoardをはじめとした市販されている簡易HMDに対応しており、美唄市内の観光スポットや宿泊施設には貸出し用のゴーグルが設置されている。

 

全方位パノラマを使ったVRコンテンツは、従来の写真や動画といった受動的なコンテンツとは異なり、自発的に見たいところを見られることで実際に現地の光景を見渡しているような気分になり、具体的イメージを喚起させられることができる。

純粋に観光体験を楽しむだけではなく、”下見”の意味合いもこめて集客へとつなげるのが狙いだ。

 

このようなバーチャルリアリティ(VR)による観光体験アプリのリリースは国内の自治体では初の試みであり、開発および検証にはタオソフトウェア株式会社および株式会社キロルが協力し、美唄市内の観光スポットや宿泊施設などに設置される専用VR ゴーグルは株式会社サナリスの「VR-BOX」が採用された。

 

■国内のVR普及化を牽引する事業者がタッグを組んで実現

このプロジェクトは、「今まで見たことも、感じたこともないVR体験で、もっとみんなをワクワクさせたい」という志を同じくし、各々の分野から日本国内におけるVR普及化を牽引する事業者同士がタッグを組んで実現させた国内初の試み。

タオソフトウェア株式会社は自社製品であるVRゴーグル「タオバイザー」をはじめ、VRソフトウェアのランチャーソフト「TaoVisor 3DVR用アプリランチャー」VRコンテンツの再生ソフト「タオ360」など、3DVR業界に早くから参入し、同分野のソフトウェア開発面では国内トップ クラスの実績とノウハウがある。

また株式会社キロルも北海道モバイルコンテンツアワード(HMCC)2015奨励賞を獲得し、iOS版のVRコンテン ツ再生ソフト「キロル360」をリリースするなど、3DVRには深い造詣を持つ道内屈指のソフトウェア開発企業。

今回採用されたVR-BOXシリーズを制作する株式会社サナリスは、レンズにこだわったオリジナルVRゴーグルを数多く展開し、ノベルティ向けのVR-Sheetや大手玩具会社と提携して発売した商品も全国の玩具店や展示会で人気を集めている。

 

■株式会社ダブルエムエンタテインメント

2015年1月に国内初となるモバイルVRプラットフォーム「Panon」を開設、運営。

http://3dvr-store.com/

硬軟織り交ぜた企画力と豊富なコンテンツ制作力は度々インターネットニュースサイトでも取り上げられる注目度の高さを持つ。

完全ワンストップの独自サービス「3Dパノラマストアビュー」は北海道の道政広報にも協力し、官公庁や一般企業、施設店舗へ360°パノラマを使ったVRサービスを提供している。

道内唯一の事業者として自治体や公的団体などから導入相談を受けることも多数。

 

●監修:美唄市経済部商工観光課

美唄市プレスリリース

http://www.city.bibai.hokkaido.jp/2013/11/3655/index.phtml

 

【本件に関するお問い合わせ先】

企業名:株式会社ダブルエムエンタテインメント
担当者名:三田 健太
TEL:011-826-6464
Email:info@wm-e.jp

IoT/AIのトレンドや事例をお調べですか?
IoTNEWSでは、IoT/AIのトレンドレポートを毎月作成、法人会員限定で配布しています。 また、毎月有識者による様々なテーマでの勉強会を実施しております。
詳細はこちら
Previous

IoT分野のコンサルティング、「D-bit」サービスの提供開始

何も語らない。音に合わせて表情が変化するだけの癒し系ロボット「TENGU」

Next