オムロン、モノづくり革新を実現する「産業用PCプラットフォーム」グローバルで一斉発売

オムロン株式会社は、生産現場においてIoT活用や高速高精度なオートメーションでモノづくり革新を実現する、産業用PCプラットフォーム(Industrial PC Platform、以下、IPC)を、2016年8月1日よりグローバルで一斉に発売する。

「IPC」は、ファクトリーオートメーション(FA)用制御機器に求められる厳格な品質基準を満たし、長期的な安定供給を実現した、PCアーキテクチャーベースの制御プラットフォームだ。オムロンは、「IPC」を通じて、顧客企業各社によるIoTやビッグデータを活用した生産設備のスマート化を支援すると共に、Sysmacオートメーションプラットフォーム(※1)で培った高度な摺合せ制御のノウハウを幅広い生産現場や設備に適用し、設備稼働率の向上や製品の高品質化に貢献する。

近年、IoTやビッグデータ活用、ロボット技術などを生産現場に導入し、革新的なモノづくりを目指す動きが広がる中、予防保全等のためのデータ収集を目的に、ライセンス管理が煩雑でサポート期間の短いオフィス用PCが、プログラマブルロジックコントローラー(PLC)と生産現場で接続されている。

また、メインコントローラーとしてリアルタイムOSを搭載した専用ボードを内作する、半導体製造装置や工作機械などの設備メーカー各社は、汎用的な制御機能の開発を外部委託し、競争優位につながるコア技術の開発にリソースを集中させている。こうした中、生産現場で用いるための耐環境性能と信頼性を有しながら、開発自由度の高いPCアーキテクチャーをベースとする汎用コントローラーへのニーズが世界規模で高まっている。

オムロンは、製造業各社の汎用コントローラーに対するニーズを捉えた、4つの「IPC」を開発した。ユーザーは、ボックスタイプとモニタ一体型タイプから、システム構成や用途に合わせて最適な「IPC」を選択することができる。「IPC」は、世界中の生産ラインや設備で標準採用が進む「EtherCAT」に対応すると共に、これまでPLCでは実現できなかった、各種の機能を自由に作り込める開発環境をユーザーに提供する。

産業用PCプラットフォーム

産業用PC

生産現場で求められるFA基準の堅牢性と信頼性を備えたWindows搭載産業用PC。生産現場のデータ収集等で、長期的に安定稼動する。

産業用PC IPCマシンコントローラ(※2)

「マシンオートメーションコントローラNJ/NXシリーズ」によって培われた高速高精度な摺合せ制御とWindows OSによるデータ処理を、独自のハイパーバイザー機能により1つのプラットフォーム上で実現するハイブリッド型PLC。ユーザーは生産現場の情報化対応とILOR+S(インプット、ロジック、アウトプット、ロボット+セーフティ)による高度な摺合せ制御を簡単に実行できる。

産業用PC IPC RTOSコントローラ

リアルタイムOS(※3)を搭載しリアルタイム制御と情報化対応を両立した産業用PC。これまで設備メーカー各社が内作してきた専用ボードコントローラーと同じC/C++言語を用いたプログラミング環境で、オムロンが誇る高速高精度なオートメーション技術を活用できる。

産業用PC IPC プログラマブル多軸モーションコントローラ

米国子会社デルタ タウ データ システムズ社のハイパフォーマンス性能を持つプログラマブル多軸モーションコントロール技術を導入し、モーション制御とWindows OSによる情報化対応を両立した産業用PC。情報処理などの多様なアプリケーション、ユーザー独自のモーション制御機能(モーションアルゴリズム、キネマティクスなどの軌道計算、位置補正など)を自由に作りこむことができ、超精密位置決め制御を実現する。

オムロンは、生産現場における“制御進化” (integrated)、“知能化”(intelligent)、 “人と機械の新たな協調”(interactive)のオートメーションで、モノづくり革新に取り組んでいる。今回発売される4つの「IPC」は、世界中の生産現場や生産設備に“制御進化”と“知能化”のオートメーションを提供するための新たな制御プラットフォームだ。オムロンは今後も、PLCからIPCまでのコントローラーを中核とするFA機器の幅広い品揃えと、「EtherCAT」などオープンな産業用ネットワークを用いた、オムロンならではのオートメーションで、顧客企業各社と共にモノづくり革新に取り組んでいく。

仕様などは、オムロンホームページを参照。

※1 Sysmacオートメーションプラットフォーム
モノづくり現場におけるオートメーションの構築に必要なさまざまな制御要素を一つにつないで制御し、一つのソフトウェアで管理する、オートメーション機器のプラットフォーム。世界標準のプログラミング言語体系に準拠し、グローバルオープンなネットワークを採用、グローバルで標準化したシステムの構築を可能にしている。また、機械や装置内の制御ネットワークに接続された機器と、生産現場の情報通信ネットワークをシームレスに接続。ネットワークに接続した機器をオートメーションソフトウェア「Sysmac Studio」で一元的に操作し、開発生産性の高いプログラミング環境を実現する。
※2 「産業用PC IPCマシンコントローラ」は近日発売予定。
※3 リアルタイムOSは、LinuxとVxWorksのいずれからユーザーに選択。

【関連リンク】
オムロン(OMRON)

Previous

コマツのスマートコンストラクション、ICT油圧ショベル「PC128USi-10」販売

アガスタ、GMSのIoTプラットフォームを活用し与信不要の中古車販売をアフリカ市場で展開

Next