パナソニック、スマートHEMSの自動制御機能を強化した「AiSEG2(7型モニター機能付)」発売

パナソニック株式会社 エコソリューションズ社は、国内のHEMS市場においてHEMSゲートウェイ(製品名:AiSEG (アイセグ))と設備モニターを一体化した「AiSEG2(7型モニター機能付)」を、2016年12月21日より発売開始する。希望小売価格は80,000円(税抜・工事費別)。

パナソニック、スマートHEMSの自動制御機能を強化した「AiSEG2(7型モニター機能付)」発売
(左)AiSEG2(7型モニター機能付)・MKN713   (右)AiSEG2(MKN704)

2016年4月に開始された電力小売自由化により、一般家庭でも電気への関心が高まっている。また、平成28年度 ZEH(ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)支援事業においてHEMSは必須機器に指定され、さらに、ZEHビルダー登録制度が導入されるなど、「2020年までに標準的な新築住宅でZEHを実現(※1) 」 することに向けた取り組みが広まりつつある。

今回、さらなるHEMSの市場拡大を狙い、HEMSのモニターを大幅に機能アップ。設置場所を顧客の利用環境に応じて変更できるようWi-Fi機能を搭載し、壁面にすっきりと設置できるデザインになった。さらに、AiSEG機能とHEMSモニターを一体化することによって、コストダウンと設置自由度の向上も実現した。

また、「AiSEG2(7型モニター機能付)」は、快適生活を実現する自動制御機能を強化。例えば、温度情報やタイマー情報をもとに、エアコン・電動窓シャッターなどの機器を自動制御し、夏場の部屋の熱こもり対策や早朝など忙しい時の家事をサポートする。さらに、リフォーム市場においては、スマートフォンやパソコンなどの利用者が所有している端末機に対応できるよう、モニター機能を搭載しない「AiSEG2」も品揃えている。

特長は下記。

  • 価格ダウンと設置自由度の向上
    AiSEGとHEMSモニターの一体化により価格を約40%ダウン(※2)し、Wi-Fi機能の搭載により設置自由度が向上(※3)
  • ZEH対応でエネルギーの自給自足状況が分かる
    太陽光発電システムやエネファームで発電した電気を、自宅でどの程度使用したのかがひと目で分かる
  • 快適空間を提供
    タイマー(開始時刻)+センサー(温度、湿度、ニオイ、PM2.5、ハウスダスト)情報を元に、 家電・設備機器を自動制御し、快適な空間環境を提供

パナソニック、スマートHEMSの自動制御機能を強化した「AiSEG2(7型モニター機能付)」発売

パナソニック、スマートHEMSの自動制御機能を強化した「AiSEG2(7型モニター機能付)」発売

パナソニック、スマートHEMSの自動制御機能を強化した「AiSEG2(7型モニター機能付)」発売

※1 エネルギー基本計画(平成26年4月11日閣議決定)より
※2 既発売品の「AiSEG® 」+「HEMSモニター」の希望小売価格合計と「AiSEG2(7型モニター機能付)」の希望小売価格の比較。
※3 AiSEG2(7型モニター機能付) が次の3点をすべて満たす事が条件となる。(1)無線ルーターの電波が到達する環境であること。(2)スマートコスモ® (またはエネルギー計測ユニット)をはじめAiSEG対応機器の電波が到達する環境であること。 (3)AC100V供給できる環境であること。

【関連リンク】
パナソニック エコソリューションズ(Eco Solutions)

Previous

横河電機、フォグコンピューティングの先端技術をもつFogHornに資本参加しIIoTによる価値創造の取り組みを加速

GMSと住友三井オートサービス、自動車IoT分野のサービス創出に向け業務提携

Next