ライナフ、マンションエントランスをスマホで開閉する「NinjaEntrance」をリリース

不動産業界向けサービス及びスマートロックの開発を行う株式会社ライナフは、マンションエントランスのオートロック自動ドアに対応するIoT製品「NinjaEntrance(ニンジャエントランス)」を2016年8月1日にリリースした。

『NinjaEntrance』の導入物件では、手持ちの携帯電話やWEBでの開閉が可能となり、内覧の際に必要だった鍵の受渡や暗証番号での開閉が不要となる。更にエントランス開閉に時間の制限を付与することも出来るため、今まで以上のセキュリティーが確保される。スマート内覧と併用して運用することで無人の内覧サービスも実現可能になり、人件費の大幅カットに繋がる。

また、『NinjaEntrance』では、居住者の鍵としても有効。今まで通り専用キーで開閉も可能だが、ニンジャロックのアプリをインストールすることで、アプリの起動をせずにエントランスの開閉が可能となる。遠隔開閉も可能になる為、荷物の配達員や工事の方にも有効。『NinjaEntrance』の導入物件は今まで以上のセキュリティーとサービスレベルを提供出来る為マンション価値向上に繋がるという。

アプリをインストールした方であれば、誰でも開閉が出来るが、アプリがなければ鍵の開閉が出来ない。また、夜の時間はスタッフのみ鍵の開閉が可能という設定も可能。夜に徘徊者が出て困っているという施設では『NinjaEntrance』を導入することで未然に防止することが可能となる。

【関連リンク】
ライナフ(Linough)
NinjaEntrance(ニンジャエントランス)

Previous

凸版印刷とソフトバンク、「IBM Watson」を活用したBPO業務の品質向上・業務効率化に向けたサービス構築を共同で推進

ハタプロ、IoT酒樽「ALCHEMA(アルケマ)」がクラウドファンディング公開後3日で約1000万円達成

Next