メルセデス・ベンツ・ファイナンシャルサービス・シンガポールが世界初のApple Watch互換アプリmyMBFSを公開

メルセデス・ベンツ・ファイナンシャルサービス・シンガポール(MBFS)は近年デジタル・アプリケーションを推進しており、この度Apple Watch向けアプリmyMBFSを発表した。

ダイムラー・ファイナンシャルサービスのこの新しいアプリは、メルセデスブランドをより多くの方々に親しんでもらうことを目的としている。

 

2013年4月に開発を始めたMBFSのお客様向けオンラインポータルサイト myMBFS.com.sgは、メルセデス・ベンツのお客様ニーズに合わせて特別設計されている。

自動車ファイナンス利用者はこのオンラインポータルサイト、もしくはmyMBFSアプリから契約情報を確認できる。現在、自動車ファイナンス利用者の約三人に一人がこのアカウント管理ツールを使用している。

 

Apple Watch向けmyMBFSアプリが公開されたことにより、利用者はより簡単に自身のファイナンス契約の最新情報を受け取ることが可能となる。

分割払いの残りお支払回数や次回の支払期日などの情報が時計の文字盤に表示される。さらに、支払期日前や支払い完了時に、Apple Watchから自動通知を受け取ることも可能だ。

 

ダイムラー・ファイナンシャルサービス・アフリカ&アジアパシフィック(DFS AAP)地域取締役であるアンドレアス・ヒンリクス氏は、次のように述べている。「最新モバイルApple Watchのアプリを通じて、メルセデスブランドをより身近に感じていただき、皆様に選ばれるブランドを目指します。」

 

DFS AAP は、シンガポールのアプリ開発社Appvantage Pte Ltd.と共同でmyMBFSアプリを開発した。現在、このアプリはiTunes AppStoreで無料提供している。

 

ダイムラーのホームページ : www.media.daimler.com  、 www.daimler.com

 

【ダイムラー(Daimler)について】

ダイムラーAGは世界で最も成功した自動車会社の1つ。

メルセデス・ベンツ・カーズ、ダイムラー・トラック、メルセデス・ベンツ・バン、ダイムラー・バス、およびダイムラー・ファイナンシャルサービスの部門を擁するダイムラー・グループは、高級車最大手メーカーの1つであるとともに、世界的に展開している商用車の大手メーカー。

また、ダイムラー・ファイナンシャルサービスは、お客様にローン、リース、フリート管理、保険、金融投資、クレジットカードなどのファイナンス・サービスを提供している。

 

同社創設者であるゴットリープ・ダイムラー氏とカール・ベンツ氏が1886年、自動車を発明したことにより、モビリティーの歴史が始まった。

自動車エンジニアリングのパイオニアであるダイムラー社は現在も、自動車の指標であり続けている。

 

ダイムラー・グループは、技術的な先進性と同時に、環境適合性と安全性の高い、お客様を魅了するクルマの開発を最重要テーマとしている。

環境に配慮したク ルマをお求めのお客様にお応えするため、ダイムラーは、排出ガスゼロを長期的目標に掲げ、多様なパワートレインに投資している。また、同グループは事故のないクルマ社会、多彩なカー・コネクティビティー、さらに完全自動運転に向けての取り組みを一貫して進めている。

ダイムラーが社会や環境に対する責任を全うするチャレンジを積極的に受け入れている一例だ。

 

ダイムラーは世界各国でクルマとサービスを提供しており、欧州、米州、アジア、アフリカに生産拠点を保有している。現在のブランド・ラインアップには、世界で最も価値がある高級車ブランド、メルセデス・ベンツ(Mercedes- Benz)、メルセデスAMG、メルセデス・マイバッハに加え、以下のブランドを取り扱っている。

乗用車、商用車ブランド:スマート(smart)、フライトライナー(Freightliner)、ウエスタン・スター(Western Star)、バラート・ベンツ(BharatBenz)、三菱ふそう(Mitsubishi FUSO)、ゼトラ(Setra)、トーマス・ビルト・バス(Thomas Built Buses)

ダイムラー・ファイナンシャルサービスのブランド:メルセデス・ベンツ・バンク(Mercedes-Benz Bank)、メルセデス・ベンツ・ファイナンシャル(Mercedes-Benz Financial)、ダイムラー・トラック・ファイナンシャル(Daimler Truck Financial)、ムーブル(moovel)、カー・ツー・ゴー(car2go)

 

同社はフランクフルトとシュツットガルトの証券取引所に上場している。

2014年、同グループは車両販売台数250万台以上、全世界の従業員数27万9972人、総売上高1299億ユーロ、EBIT108億ユーロを記録した。

Previous

Kickstarterから生まれた育児サポート・ガジェット『Bleep Bleeps』が商品化

丸紅情報システムズ、Beaconデバイス「RapiNAVI Air2」販売開始

Next