サンフランシスコのBest BuyでIoTリサーチ

大手家電量販店Best Buyのサンフランシスコ店でIoT機器はどれくらい売ってるのかみてきた。

IoTのメッカだけに期待大だ。

Best Buy San Francisco

 

フロアに入ると日本の大型家電量販店くらいの広さはあるだろう広い敷地内に、TV, 家電を端に追いやり、ど真ん中にマートフォン、右にIoT関連、左にスマートフォン関連グッズという配置になっていた。

IoT関連は、スマートホーム系、ウェアラブル系に大きく分かれていて、さらにスマートホームは、ホームセキュリティ、室温コントロール、フィットネス、スマートウォッチと、かなりの広さを取っていた。

スマートホーム
スマートホーム

 

ホームセキュリティ
ホームセキュリティ

 

スマートフィットネス
スマートフィットネス

 

ここまでの広さとなると、注目の機器というレベルを通り越してかなりのセールスがあると見て良いだろう。

先日IoTNEWSでも取り上げた、GoogleのNESTシリーズも売られていた。
競合商品も多いらしく、Googleといえど一般の消費者向けに売るのは簡単ではなさそうだ。

NEST cam
NEST cam

 

NEST thermostat
NEST thermostat

 

他には、庭に撒く水をコントロールする商品。

スマートスプリンクラー
スマートスプリンクラー

 

クルマにのせて防犯装置になったり、広大な駐車場でどこにあるか見つけたりするような商品も陳列されていた。

コネクテッド・カー
コネクテッド・カー

 

 

IoTの面白いところは、まさにここで、インターネット企業といえども、家電量販店や自動車ディラーなどこれまでの流通を担ってきた店舗への露出と実売を稼いでいくのは簡単ではない。

これから、もっとこういった面白い商品が店頭に並ぶことになりそうだ。

個人的にはMotorola360が試してみたかったが、展示品からなくなっていて見ることができなかった。

Previous

「駅すぱあと」でBeaconを受信したユーザの4人に1人が開封、O2Oに可能性

Fitbitが上場後も高値をキープしている理由

Next