テュフ ラインランド、欧州のLoRa認証プログラムにおいて第三者認証試験機関に認定

テュフ ラインランドは、欧州のLoRa認証プログラムにおいて第三者認証試験機関に認定された。テュフ ラインランドは、今後、取組むべき大きな目標テーマとして、「ワイヤレス/IoTグローバル事業戦略2020」を掲げており、今回発表する欧州の取組みに続き、今後、米国およびアジア地域でもLoRa認証試験サービスを拡大する方針だという。

LoRaアライアンスは2015年3月に創設されて以来、急速に成長を遂げた非営利の組織で、現在330以上の会員を擁している。アライアンスメンバーは、密接に協力し、経験を共有することで、LoRaWANプロトコルを安全でキャリアグレードなグローバル・スタンダードとして推進している。静的およびモバイルのネットワークに対応するなど、多様なIoTアプリケーションに対して技術的な柔軟性を持ち、相互運用性を保証する認証プログラムを有するLoRaWANは、すでに主要なモバイル・ネットワークの運営企業によって展開されており、2016年には広く普及すると予想されているという。

LoRaWANネットワークに使用されている技術は、従来であれば接続するには問題が多く、コストがかかりすぎていたものを、過酷な環境下でも、バッテリー駆動のセンサーを低コストかつ長距離で接続するように設計されている。ビルやタワーに配備されたLoRaWANゲートウェイは、10マイル以上離れたセンサーや地下に設置された水道メーターと接続することが可能。LoRaWANプロトコルは、他のLPWANでは対応できない双方向性、安全性、移動性、位置測定の正確性において、競争力が高いという特長がある。

【関連リンク】
テュフ ラインランド(TÜV Rheinland)
ローラ・アライアンス(LoRa Alliance)

Previous

エスト、IoTを活用して離れて暮らす家族の見守り等が可能な見守りサービス「お部屋の見張り番」CS-500提供開始

エス・エム・エスとみずほ情報総、みずほ銀行、ウェアラブル機器等を活用した管理栄養士伴走による健康改善プロジェクトを開始

Next