Fitbitが上場後も高値をキープしている理由

Fitbitというのは、腕につけるウェアラブル商品で運動している状況や、睡眠の状態などを計測する、いわゆる活動量計測ツールだ。

2015年6月にニューヨーク証券取引場(NYSE)に上場して、50%以上の急騰を見せたことが世界中の話題になったが、その後も堅調な動きでいる。

売り上げも、昨年度の3倍の3億3600万ドルに及び、シェアは34%とも言われている(IDC調査)

 

FitBit

 

これがFitbitだが、みたことがある人は多いだろう。

日本にも支社があり、量販店をはじめとして様々な場所で販売されている。

 

競合製品は多くて、Nike+ Fuelband, Jawbone UP, Withings, Larklifeと、様々なものが発表されている。

どれがどれかわかりますかね?

バイオトラッカー

 

 

しかも、最近まで全くなかった市場に突如として現れ、瞬く間に市場を形成したヘルスケアの新星達。

 

ここにアップルウォッチが加わってくることになるのだが、現状ではFitbitの方が販売数が多い状況だ。

 

あまり変わらないと思われがちだが、実は、Fitbitは初期のスマートフォン端末数が他社より多かったのだ。

ブランド力では、圧倒的なNike+。国内でも一部の人が騒いでいたけど、結果は見ての通り。

 

IoTのような新しい分野でプロダクトが生まれる時は、先行者利得もあるが、より多くの人に利用してもらえるような作りになっているか?も重要だといえる。

 

参考:ビジネスワイヤード

Previous

サンフランシスコのBest BuyでIoTリサーチ

NASAへ、スマート・グリッド技術を活用した深宇宙への安全な有人探査技術をバテル記念研究所が完成

Next