CANDY LINE、ラズパイに搭載可能なLTE通信モジュールを発売

IoT/M2M/ロボットの企画・開発・販売を行う株式会社CANDY LINEは、シングルボードコンピューター「Raspberry Pi」にLTE通信機能を追加する拡張ボード『LTEPi for D』を、2016年8月10日に発売した。なお、2016年9月6日までDMM.make AKIBA Baseにて展示される。

CANDY LINEは、IoT/M2M導入や開発の初期投資コストを下げた商品が欲しいとの要望から、『LTEPi for D』を開発した。『LTEPi for D』は、NTTドコモのLTE「Xi(R)(クロッシィ)」エリアおよび3G「FOMA(R)(フォーマ)」エリアに対応したLTE通信モジュールを搭載した「Raspberry Pi」用の拡張ボード。

『LTEPi for D』の特長は下記。

  • Node-REDベースのフローエディタ「CANDY RED」を提供
    「CANDY RED」は、Node-REDベースのブラウザ上で無料で利用できるフローエディタ。ブラウザ上でフローを作成するだけで、「Raspberry Pi」でクラウドに容易に接続できるようになる。
  • LTE通信モジュール搭載で高速通信が可能
    LTEモジュールを搭載し、3G回線と比較し高速データ通信が可能。
  • 「Raspberry Pi」で利用が可能
    「Raspberry Pi B+」や「Raspberry Pi 2 Model B」の拡張コネクタに取り付けることで、「Raspberry Pi」で利用できる世界中のハードウェアやソフトウェアの豊富な資産が利用可能。

名称    : LTEPi for D
発売開始日 : 2016年8月10日
販売価格  : 29,800円(税別)
販売場所  : Robotma.com ※順次、販売店は拡大予定
サイズ   : 85mm×56mm ※突起物を除く
電源電圧  : DC5V
SIMソケット: nano SIM
付属品   : スペーサー、ビス、USBケーブル、アンテナセット ※Raspberry Piは含まれていない。

【関連リンク】
CANDY LINE
LTEPi for D

Previous

総務省、「戦略的情報通信研究開発推進事業(国際標準獲得型)」スマートシティに関する研究開発課題を公募

さまざまなMakerたちの作品の祭典「Maker Faire Tokyo 2016」レポート

Next