空創技研プロペラ、ドローンで空からお菓子を撒くサービスの提供を開始

合同会社 空創技研プロペラはドローンを使ったイベント演出として、上空からドローンを使いお菓子等を撒くサービスの提供を今月より開始した。

愛知県を中心とした尾張地方には祭事にお菓子を撒く文化があり、イベント性、演出性も含めて「特別な行い」として親しまれている。同社ではその文化を最新テクノロジーであるドローンと組み合わせた。改正航空法に適合した飛行で、ドローンが飛ぶだけでなく、お菓子撒きという実体験を伴うことでイベントを演出する。

ドローン本体に開閉操作が可能な専用ボックスを取り付け、操縦機から遠隔操作を行う。一回のフライトで投下できる量は概ね500g程度。お菓子撒きを楽しむ人たちの撮影も同時に可能。今後は容量の大きなボックスを制作し、長い時間お菓子撒くを楽しめるように改良を進めるという。

空創技研プロペラ、ドローンで空からお菓子を撒くサービスの提供を開始

【関連リンク】
空創技研プロペラ(Propeller)

Previous

エクストラン、移動式お留守番カメラ「ilbo」を発売開始

IoTxAIが作る製造業の未来 ーウフル 八子氏講演 レポート

Next