堀江氏、有名芸人、 八子氏など多彩な顔ぶれが登壇する S-cubism IoTカンファレンス開催[PR]

IoT ソリューションを提供する株式会社エスキュービズム・ホールディングスと株式会社エスキ ュービズム・テクノロジーが、10月18日(火)、東京ミッドタウンにてに、IoTカンファレンスを開催する。

「IoT(Internet of Things)という言葉が大きな注目を集めるようになったが、企業でのIoTプロジェクトはうまく進んでいない」(エスキュービズム)

そこで、これまでのIoT領域に取り組んできた知見を活かし、IoTの活用や導入ができていない事業者にとって、新たな「気づき」の場となることを目的に、 本カンファレンスを開催するというのだ。

さらに、「メディアの視点」「経営者の視点」「一般生活者の視点」「IoTプロジェクト担当者の視点」「IoT導入企業の視点」という5つの角度から IoT の可能性について論じていくカンファレンスとなる。

本カンファレンスでは、八子知礼氏(ウフル)、青木俊介氏(ユカイ工学)や、堀江貴文氏、板尾創路氏、レイザーラモン RG 氏、トレンディエンジェル、小泉耕二(IoT NEWS)等、さまざまなバックグラウンドを持つメンバーが登壇する。

主催者によると、ロボットによる受付や、トイレのIoT化などを実際に体感することもでき、座学だけでなく楽しみながらIoTを理解するカンファレンスとするということだ。

開催概要

  • 開催日時:2016年10月18日(火) 14:00~18:00
  • 場所:東京ミッドタウンホール A (〒107-0052 東京都港区 赤坂9丁目7-1)
  • 定員:500 名
  • 参加対象者: 製造業、小売・流通業の経営者様、経営企画部門、新規事業部門、マーケティング部門、宣伝部門、営業部門などの部門長様、ご担当者様など
  • 特設サイト URL:https://usable-iot.com/iotconference/
  • 申し込み方法:http://toyokeizai.net/sp/sciot2016 より
  • 参加費:税込 5,000 円(事前登録制)
  • 主催:エスキュービズム・ホールディングス、エスキュービズム・テクノロジー
  • 後援:東洋経済新報社 ・協賛社:共同印刷株式会社、ニフティ株式会社、エプソン販売株式会社、JIG-SAW 株式会社、GMOペイメントゲートウェイ株式会社、レノボ・ジャパン株式会社、株式会社FOX、インテル株式会社
  • メディア協賛:IoT NEWS、未来生活、日本情報産業新聞、Markezine、IT Leaders、INTERNET Watch、fabcross

セミナー/フォーラム内容

司会:ペナルティ ヒデ、内田恭子

14:00~ オープニング挨拶 武下真典(Sテック)
14:10~ 基調講演「IoT情勢について」 小泉耕二(IoT NEWS)
14:40~ 特別講演「IoT導入によるインパクト」 佐野健一(ビジョン)
15:10~ トークショー「IoT時代の経営」 堀江貴文、佐渡島庸平(コルク)、薮崎敬祐(エスキュービズム)
16:15~ トークライブ「こんなIoTがあったらいいな会議」 板尾創路、レイザーラモンRG、トレンディエンジェル、明和電機 土佐信道、三秋里歩
17:15~ トークセッション「IoTの作り方、広げ方」 八子知礼(ウフル)、青木俊介(ユカイ工学)、田邉憲一(共同印刷)、真田幹己(エスキュービズム)

※登壇内容・時間は変更となる可能性があります。 ※敬称略

参考:
S-cubism IoT カンファレンス
カンファレンスの申し込みはこちらから

Previous

パーソナル人工知能「SENSY(センシー)」、食の人工知能「AI 利き酒師」を伊勢丹新宿本店にて活用開始

ジェイピーモバイル、運営物件の競合物件分析、収益管理、適切な客室単価設定、騒音IoTセンサーを活用した部屋の状況把握などを一元的に管理可能な「民泊ダッシュボード」をリリース

Next