Atrust Computer、産業用・工業用IoTインダストリアルシンクライアント「Atrust t10シリーズ」をリリース

シンクライアントコンピューティング及びサーバーソリューションを展開するAtrust Computer Corp.は、新しいインダストリアルシンクライアント製品t10シリーズ「t10」「t10L」及び「t10W」の発売を開始する。厳しい動作環境に対応し、工場のIoT化をサポートする。

Atrust t10シリーズt10, t10L及びt10Wは、他のシンクライアントモデルと異なり、ダイキャストアルミニウム筐体を採用し、厳しい工業用途に対応できるように設計された。24時間稼働を考慮した設計とし、EMC試験により、オペレーション動作温度環境をマイナス20度から55度まで対応。低消費電力型のInter Bay TrailデュアルコアCPU(t10L, t10W)及びFreescale Dual Liteプロセッサ(t10)が搭載され、COMポート(RS232)を搭載、小型コンパクトサイズ、ファンレスのIoTインダストリアルシンクライアントである。

Atrust t10Lは、Intel Bay Trailデュアルコア1.58GHz CPU、2GB DDR RAMメモリと4GBフラッシュメモリを搭載し、15秒以内で起動するAtrust OSを採用。仮想デスクトップ環境に於いて、スムーズな接続環境を実現する。

Atrust t10Wは、t10Lと同じCPUに2GB DDR RAMメモリと8GBフラッシュメモリ(工場出荷オプションにて16GB, 32GB, 64GBに変更可能)を搭載し、Windows Embedded 8 Standard OSを標準搭載。OSオプションとしてWindows 10 IoT Enterprise for Thin Client (t10W10)、Windows Embedded 7 Standard (t10W7)も選択可能。

t10L及びt10WはDVI-Iポートを1つ、USB3.0ポートを1つ、USB2.0ポートを3つ、LANポート(10/100/1000Mbit/s)を1つ、そしてCOMポート(RS232)を1ポート搭載。工場出荷オプションとして無線LAN及び無線アンテナが搭載可能。

Atrust t10は、Atrust OSを搭載し、コストパフォーマンスに優れたモデル。Freescale dual liteプロセッサ1.0GHzを搭載し、仮想デスクトップ環境に於いて、スムーズな接続環境を実現する。DVI-Iポートを1つ、USB2.0ポートを4つ、LANポート(10/100/1000Mbit/s)を1つ、そしてCOMポート(RS232)を1ポート搭載している。

Atrust管理ソフトウェアは、直感的な操作で簡単に設定が可能なAtrustクライアントセットアップ(ACS)がプリインストールされており、クライアント管理ツール、Atrustデバイスマネージャー(ADM)を利用することで、簡単に導入、システム構築、クライアントイメージの配信等のクライアント管理が行える。さらに優れた自動設定管理ツール、Atrustオートセットアップにより、数台から数千台規模のAtrustシンクライアントを素早く管理することができる。システム設定をシンプルに数クリックで変更することができる。

標準的なプロトコルのVMware® Horizon View™, Citrix® XenDesktop™, Citrix® XenApp™, Microsoft® RDP™ with RemoteFX™に対応。これらのプロトコルのサポートにより、より柔軟で優れた仮想デスクトップ環境を提供する。

【関連リンク】
エートラストコンピューター(Atrust Computer)

Previous

BIJとand factory、最先端IoTデバイスを集結させたスマートホステル「&AND HOSTEL」福岡に開業

亜太電信(APT)、台湾のスマートアイランド化に向けてActilityの次世代IoTプラットフォームが中核を担う「IoT by Gt Smart Life」サービスを開始

Next