SME、日本及びアジアのVR市場拡大を目指しLittle Star Mediaと業務提携

株式会社ソニー・ミュージックエンタテインメントは、360度パノラマ映像などのVR配信プラットフォーム「Littlstar」を提供するLittle Star Media,Inc.と、日本及びアジアのVR市場拡大を目指し、業務提携を実施した。

この業務提携により、Little Star Mediaが「Littlstar」の技術及びサービスプラットフォームを提供し、ソニー・ミュージックエンタテインメントがコンテンツマネジメントを担当する。両社は共同で日本版VR配信プラットフォーム「Littlstar Japan」を立ち上げ、まずは9月に、スマートフォン用日本版アプリの提供を開始し、その後順次、PC(ブラウザー)、Playstation(r)VR、Gear VR、Oculus Rift、HTC Vive、Apple TV等各種デバイスにサービスを拡大していく。

また、より身近なVR体験を可能にするVRコンテンツの開拓・提供を促進していくほか、今後もさまざまな事業開発を行っていくという。

【関連リンク】
ソニー・ミュージックエンタテインメント(SME)
Little Star Media

Previous

ソフトバンク、場所を選ばずにフィットネストレーニングができるIoTトレーニングデバイス「Move It」を販売開始

GMSとフィリピン通信会社のPLDT、フィリピン全土へのIoTサービス提供へ向け業務提携

Next