ハウステンボス、超音波センサーで効率的なゴミ収集システムの実証実験を開始

ハウステンボス株式会社とEnevo Japan株式会社(以下、Enevo)は、超音波センサーによるスマートで効率的なゴミ収集システムの実証実験を開始した。

Enevoのシステムは、ゴミ箱に取り付けられた超音波センサーから携帯電話のデータネットワークを通じてサーバーに送信されてくる各ゴミ箱やリサイクルボックス内の堆積率データを基に最適なスケジュールを算出し、効率的な収集ルートをWEB上で提示する。施設管理者は、PCのみならず、スマホやタブレットでも24時間・365日いつでも見ることが可能で、ゴミの堆積量が設定された閾値を超えると、清掃員にメールでアラートが送信されるという。

ハウステンボス、超音波センサーで効率的なゴミ収集システムの実証実験を開始

【関連リンク】
ハウステンボス(HTB)
Enevo

Previous

アシスト、データドリブン経営を実現する データ・プレパレーション・プラットフォーム「Paxata」を販売開始

レーザービーム、ドローン空撮マーケットプレイス「Dronetube」の登録パイロットが250名突破し中間マージン0円で提供開始

Next