レーザービーム、ドローン空撮マーケットプレイス「Dronetube」の登録パイロットが250名突破し中間マージン0円で提供開始

ドローン空撮マーケットプレイス「Dronetube」を展開するレーザービームは、「Dronetube」の登録パイロットが250名突破したことを発表した。空撮依頼からコンテンツ販売までを中間マージン0円〜提供を開始するという。

Dronetubeは、ドローンの認知と普及のために2015年10月8日に誕生した空撮マーケットプレイス。2016年8月現在、登録パイロット250名、登録コンテンツ600を超えるドローン空撮マーケットプレイスとなった。カテゴリ機能、検索機能、Google map API連動機能から国内外の空撮動画を簡単に見つけることが可能。

国内の空撮動画350作品の中から最も適切なパイロットを選定可能。パイロットのスキルが総合的に反映されているのは言うまでもなく空撮作品。その空撮作品からパイロットを選定し、直接パイロットに依頼することが可能だという。直接依頼のため中間マージンは0円、さらに全国エリアをカバーしているため高い出張費やロケハン費用を削減する事も可能だという。

【関連リンク】
レーザービーム

Previous

ハウステンボス、超音波センサーで効率的なゴミ収集システムの実証実験を開始

楽天のフリーマーケットアプリ「ラクマ」、AI技術によるカテゴリー推奨機能を提供開始

Next