Fitbit、Fitbit Charge 2とFitbit Flex 2を発表

フィットビットは本日、新たな2本のフィットネスリストバンド、Fitbit Charge 2とFitbit Flex 2を発表した。両製品とも本日より世界各国で予約販売を開始し、今秋より小売店にて購入できる。

Charge 2

Fitbit-Charge-2_Family

主な機能:

・PurePulse心拍計の新機能:継続的に心拍数を測定することで、運動効果を最大限に引き出し、カロリー消費を測定、そして全体的な健康状態を認識することができる。Charge 2では2つの新しい機能がユーザーの心拍数を活用し、進化した運動と健康の計測を提供する。

  ○   カーディオフィットネスレベルで現在の運動レベルを認識:VO2 Maxを利用した、カスタマイズされたカーディオフィットネスレベルとスコア、プロフィール、そして運動データを元に現在の健康レベルを自動的に認識。さらにスコアを改善するため、運動の頻度や激しさ、そして健康体重の達成などの運動アドバイスも提供する。

  ○   呼吸法ガイダンスでリラックス:Charge 2はカスタマイズされた深呼吸セッションを通して身体と心をリラックスさせるマインドフルな体験を提供。心拍数で変わる鼓動のリズムが呼吸のペースを設定。2分および5分間の深呼吸セッションではリアルタイムの心拍数と呼吸のタイミングを指示するアニメーションとバイブレーションが表示され、一日を通して静かなひと時を探してくれる。長期的にガイダンスに基づく呼吸法を行うことによってストレス[3]や不安[4]の削減、血圧低下[5]などの健康効果があることが示唆されているという。

・強化されたエクササイズ機能:リアルタイムで、かつすぐに実行できる運動データが瞬時にディスプレイされるので、エクササイズ中に調整し改善することが可能となる。

  ○   マルチスポーツトラッキング:ランニング、サイクリング、ウエイトリフティング、ヨガなど特定の動きを認識し、エクササイズ終了時にFitbitのアプリで運動成果のまとめを確認できる。

  ○   GPS接続:フィットネスリストバンドをスマートフォンのGPSに接続することによって、より正確かつ活用できるデータをリアルタイムで取得。走っている際のペースや距離などを取得し、アプリの地図にルートを記録することも可能。

  ○   インターバルワークアウトモード:サーキットトレーニングなどの運動効果を最適化するため、高負荷運動とリカバリー期間を交互にガイドし、運動に集中できるようサポート。

・よりスマートに一日のアクティビティを記録:高性能センサーによって簡単に一日のアクティビティと睡眠を記録する。SmartTrack™の自動運動認識はウォーキング、ランニング、エリプティカルなどの日々のアクティビティをより簡単に記録。また、運動リマインダーは一日を通してよりアクティブになるよう促す。

・洗練された新しいデザイン:変更可能なデザインと、Charge HRより4倍大きい、見易いタップディスプレイは、ユーザーのスタイルにあったバンドとクロックフェイスにカスタマイズすることが可能。更にユーザーが必要とする情報をお知らせするスマートフォン通知機能も搭載。

Flex 2

Fitbit-Flex-2_Family

Fitbitの象徴的で業界をリードするFitbit Flexが更にスリムに、そしてスイミングに対応したフィットネスリストバンドに改良し、様々なスタイリッシュなアクセサリーを使ってカスタマイズできるようになった。よりスマートに運動を認識する機能によって、Flex 2はユーザーのエクササイズを記録し一日を通してアクティブにいられるよう、モチベーションを高める。

主な機能:

・スリムで無駄のないデザイン:Flexより30%スリムになった[6]Flex 2は、取り外し可能なトラッカーに、スリムなクラシックフィットネスバンドをデイリーユース、フィットネスジムでの運動やスイミングの際にぴったりな7色で展開。

・プレミアムなアクセサリーオプション:スタイルや運動に合わせてFlex 2をお好みのブレスレットやペンダントで変身・カスタマイズ可能。オフィスにもパーティーにも合わせて日常的に使えるよう、ラグジュアリー気分のアクセサリーもある。プレミアムなミラーフィニッシュ加工されたシルバーステンレスのバングルや22 Kゴールドの表面加工が施されたゴールドとローズゴールドのバングル、その他シルバーステンレスと22Kゴールドの表面加工されたステンレスのエレガントなペンダントネックレスがある[7]。

・スイミングに対応した防水と自動認識:Flex 2はFitbit初のスイミングに対応したリストバンド。シャワーに入っていても、プールや海などでも水深50mまで対応し、スイミングの際のラップ数、継続期間、カロリー消費などをFitbitのアプリに記録する。

・無理なく簡単な自動認識:最も重要な健康・フィットネスデータを記録する。

  ○   SmartTrack自動運動認識でウォーキング、ランニング、自転車、エリプティカル、スポーツ、エアロビ、そしてこの度スイミングを認識するようになった。

  ○  運動リマインダーはフレンドリーなリマインダーメッセージによって、毎時間設定された小さな目標を達成し、じっと座っている時間を減らすよう、運動を促す。

  ○   毎週の運動目標をカスタマイズし、継続したルーティンに慣れてモチベーションを保てるようサポートする。

・スマートな表示:色で区別できるシンプルなLED表示によって日々の目標の達成状況を確認でき、電話やメールの通知で常に必要な情報を受け取れる。

 
【関連リンク】
Fitbit

Previous

楽天のフリーマーケットアプリ「ラクマ」、AI技術によるカテゴリー推奨機能を提供開始

パナソニック、三松に「Location Data Analyzer」を納入~280個のビーコンでモノの流れをつかみ、生産工程を見える化

Next