博報堂アイ・スタジオの「Creative AI研究所」、マイクロソフトのAI・機械学習を活用したコグニティブサービスの提供を開始

株式会社博報堂アイ・スタジオの「Creative AI研究所」は、日本マイクロソフト株式会社のMicrosoft Cognitive Services(※)のAI・機械学習を活用したコグニティブサービスの提供を開始する。それに伴い、CSP(クラウドソリューションプロバイダー)プログラムに参加し、2016年9月1日からMicrosoft Azureの提供を開始する。

クライアント企業の広告予算において、デジタルマーケティング領域への投資が拡大する中、市場のリアルタイムなニーズの変化を迅速に捉え、企業が保持する様々なデータを識別して予測などに活用できるマーケティング手法が求められている。同社では、2016年度より「Creative AI研究所」を立ち上げ、人工知能(AI)技術を取り入れた、より直観的で人の感性に響くデジタルコミュニケーションの研究開発に取り組んでいる。

その一環として、統合デジタルマーケティングとクリエイティブに、Microsoft Cognitive Servicesなどの次世代のクラウドテクノロジーを融合させ、生活者のインサイトを衝くインタラクティブなマーケティングソリューションを開発、提供することで、クライアント企業のブランディングを支援するという。

同協業に基づき、以下のソリューションを提供予定としている。

  • クリエイティブ生成・表現技法を軸にした、クライアントへのAIソリューション
    画像認識・音声認識などからクライアントビジネスのブランディング、マーケティングに寄与するAIソリューションなど。
  • エンドユーザーと共に体験・共感を創りだす参加型共創ソリューション
    多数のデバイスを利用したインタラクティブな同時参加キャンペーンや、テクノロジーを利用したユーザー参加型イベントソリューションなど。
  • IoT活用のためのプロトタイピングやプラットフォーム構築ソリューション
    IoTにて新ビジネスモデル構築、プロトタイピング、プロモーションのための支援ソリューションなど。

これらのソリューションをベースとしたデジタルマーケティングソリューションを取り入れることで、クライアント企業は企画・開発段階でクラウドプラットフォームの選択に時間を費やすことなく、結果として、マーケティング活動に必要なクリエイティブの創造や開発により多くの時間・人件費を投資することができる。

同協業を通して、クラウドやCognitive Servicesを活用したクライアント企業の「デジタルトランスフォーメーション」を支援し、常に最新のコミュニケーショントレンド・テクノロジートレンドを取り入れた提案ができる仕組みづくりに取り組むという。

日本マイクロソフト株式会社 執行役員 常務 ゼネラルビジネス担当 高橋 明宏氏は次のように述べている。
「今回の協業あたり、日本マイクロソフトは、パートナー企業のクラウドビジネス立ち上げを支援する「プラクティス・ディベロップメント・ユニット(Practice Development Unit、以下 PDU)」によるビジネス開発、技術支援を行います。PDUは、2016年7月1日より発足した新組織で、営業、技術の両方の側面でパートナーの新規ビジネスを支援します。さらにマイクロソフトがグローバルで展開するマーケティングリソース、ファンドを活用し、年間を通じて共同マーケティング、セールス活動を実施します。博報堂アイ・スタジオ様との協業を通じて、デジタルマーケティング市場に最新の人工知能・機械学習技術をお届けしてまいります。」

※Microsoft Cognitive Servicesは、人間の認知機能モデルを、視覚認識、音声認識、言語理解、知識、検索の「5つの領域」に分類し、合計22のAPI経由で取り入れることが可能なサービス。人間の認識率を上回る正確性を持つ「画像認識サービス」や「50言語に対応したリアルタイム翻訳サービス」など、人工知能機能を提供している。

【関連リンク】
アイスタ(HAKUHODO i-studio)
マイクロソフト(Microsoft)

Previous

アドバンテックのIoTゲートウェイ「UTX-3115」、島根富士通の製造工程効率化の実証実験で採用

NEC、横浜銀行・浜銀総合研究所とAI技術を活用したカードローンプロモーションの実証実験を実施

Next