エフセキュア、アーリーアダプターに向けてApple WatchをサポートするFreedomeを開始

エフセキュア株式会社は、Appleファン向けにApple WatchをサポートするFreedomeの新バージョンのベータ・テストを開始した。

iPhoneにFreedomeがインストールされていれば新バージョンのベータ・テストが可能で、Apple Watchを使って仮想プライベートネットワーク(VPN)を制御、監視することができる。

 

サードパーティアプリを稼働可能なスマートウォッチやウェアラブルデバイスは、この先数年の間に広く普及すると予想されている。

IDCは、「スマート・ウェアラブル」デバイスの出荷台数は2015年末時点で、前年と比べて683%増加し、3,310万台となると推定している*。

ベータ・テストを開始したiPhone用Freedomeの新バージョンには、Apple Watchのサポートを追加している。

Apple Watchユーザに、ご自身のデータを不要なリスクにさらすことなくスマートウォッチを利用する方法を試す機会を提供した。

 

エフセキュアのネクスト・ジェン・セキュリティ担当ディレクターのヤンネ・ピルティラーティは次のように述べている。

「Apple Watch用Freedomeを利用すれば、プライバシーの保護がこれまで以上に身近になります。Apple Watchを購入したら、このデバイスをいろいろと試して、何ができるか確かめたいと思うことでしょう。ただし、データの接続はユーザご自身のiPhoneに依存しています。Apple WatchからiPhone上のFreedomeの機能へのアクセスや使いやすさを強化することにより、データが保護された状態を維持し、Apple Watchがもたらす素晴らしいメリットを簡単に享受することができます」

 

FreedomeはワンボタンでVPNを提供し、通信の暗号化、インターネットのトラッキングや悪意のあるウェブサイトのブロック、ジオブロック(地域制限)のあるウェブサイトやストリーミングサービスにアクセスするための仮想ロケーションの変更などを可能にする。

iPhone上でFreedomeの新バージョンのベータ・テストに参加すると、Apple Watchをアプリのリモートコントロールとして利用できるようになる。

Apple WatchユーザはiPhoneが危険な公衆Wi-Fi接続にさらされることがないよう、Apple Watchからアプリのオン・オフを行える。

さらにApple Watchを使って、ブロックしたトラッキング件数を監視することもできる。

 

上記のほかに、iPadに最適化したFreedomeの新バージョンもベータ・テストを開始している。

横向きと縦向きを簡単に切り替えられるようレイアウトを変更している。

Apple Watch用またはiPad用のFreedomeの新バージョンを試したい方は、ベータ・テストに参加できる。(参加方法は、freedome- ios-beta@f-secure.com 宛にメールを送る)

 

*出典:http://www.businesswire.com/news/home/20150618005154/en/Worldwide-Wearables-Market-Forecast-Grow-173.3-2015#.VY0aUWO-VPJ

 

詳細情報 : Freedome https://www.f-secure.com/ja_JP/web/home_jp/freedome

Previous

小学生向け理数・ロボット・プログラミング学習スクール「ステモン!」、1DAYロボット・プログラミングイベントを開催

ソネット、在宅ケア連携支援システム『bmic‐ZR』、バイタルデータの測定値履歴表示画面などの新機能を追加

Next