TDSEとZMP、オートモービル分野での新ビジネス、クラウドAI搭載のインテリジェント車両センサー解析サービス提供

テクノスデータサイエンス・エンジニアリング株式会社(以下、TDSE)と、株式会社ZMPは、今後市場拡大が見込めるオートモービル分野の新たなビジネスとして、クラウドAI搭載のインテリジェント車両センサー解析サービス提供を開始する。

TDSEは、約50名のデータサイエンティストを擁し、製造業・金融業・流通業等の業界での個客マーケティングや在庫管理、機器故障・交換の予兆管理など多数のデータ解析ノウハウを保有し、AI製品「scorobo」を提供している。2015年には自動運転技術やセンシングソリューション技術を保有するZMPと資本提携を行い、両社の成長戦略の一環として、自動運転(AD)分野・運転補助システム(ADAS)分野で、TDSEの解析技術とZMPの製品開発技術によるシナジーを生むために協議及び研究を進めてきた。

ZMPでは株式会社ハーツユナイテッドグループと合弁会社ZEGを立上げ、同ビジネスにおけるテストドライバー派遣及びセンサーデータ集約サービス「RoboTest」を展開してきた。現在、自動車メーカー・半導体メーカーとの取引も増加し、自動車業界以外でのIT・通信・物流等の産業界でもニーズが高まっているという。

クオリティの高さとスピードの速さ、長時間におけるテスト検証が要求されるオートモービルテスティングは、昨今データ改ざん等のコンプライアンス問題も発覚しており、第三者/客観的にアウトソースする企業が増えている。加えて業界特有の問題として、人的にモニタリングすることで、異常発生付近のデータ検証を行うケースが多く、そのため不具合の発生をすべて検知できない潜在的リスクが考えられるという。

政府成長戦略のなかでも国を挙げて自動運転分野への研究開発が加速しているなか、車両による実証実験は、テストコース・指定された特区の公道での走行テストやデータ収集を実施しており、これら実証でも多岐に亘るテストをスピーディー且つクオリティ高く検証することが求められるという。

これら背景をもとに両社の強みを活かし、オートモービルテスティング分野での新サービスとして、クラウドAI搭載「ADAS/AD向けインテリジェンスデータ解析サービス」を提供する。「RoboTest」の取得データを、TDSEで既に構築/運用実績のあるMicrosoft Azureクラウド環境上に取り込み、データセット変換処理及び、Machine Learning/AIを活用したデータ解析の効率化を図ることで、テストプロセスの時間短縮、洞察力向上を目指すという。(提供価格300万円~を予定 /※データ解析はテスト目的によるため個別相談)

【関連リンク】
テクノスジャパン
テクノスデータサイエンス・エンジニアリング(TDSE)
ゼットエムピー(ZMP)
ハーツユナイテッドグループ(HUG)
ZEG

Previous

日立と日立ビルシステム、ヒューマノイドロボット「EMIEW3」を活用した実証実験を羽田空港で開始

ヤフー、Yahoo!カーナビで「安全運転ランキング」の提供を開始

Next