日立と日立ビルシステム、ヒューマノイドロボット「EMIEW3」を活用した実証実験を羽田空港で開始

株式会社日立製作所(以下、日立)と株式会社日立ビルシステムは、日本空港ビルデング株式会社の協力により、日立が開発したヒューマノイドロボット「EMIEW3」を活用した旅客サービスの実証実験を、9月2日から羽田空港国内線第2旅客ターミナルで開始した。日立と日立ビルシステムはこの実証実験を通して、空港などの公共スペースや商業施設など人が多く集まる場所での接客・案内サービスの充実に向けた、新たな付加価値の創出を目指すという。

これまで、日立は、人と対話し行動するロボット「EMIEW」を2005年に開発し、その後改良を重ね、2016年4月に「EMIEW3」を発表した。「EMIEW3」は公共スペースや商業施設などにおいて、サポートを必要とする顧客のもとに自ら移動し、接客・案内などのサービスを通して、顧客業務の支援を行うことを目的に開発したヒューマノイドロボット。

羽田空港は国内旅行客のみならず、訪日外国人旅行客を迎える世界との玄関口であり、そこに集まるすべての人に対するバリアフリー化や情報アクセシビリティの向上が求められるとともに、世界に向けて日本の最先端技術を発信することができる場所でもある。今回、羽田空港で実施される実証実験では、「EMIEW3」の持つ多言語対話機能や自律走行機能を活用し、顧客へ店舗、施設などの情報案内や目的地への誘導を行う。これらの案内業務サポートを通して、多様な顧客に合わせたサービス品質の向上、案内方法の最適化によるスムーズな移動の実現などを行っていくという。

期間:2016年9月2日~12月頃
場所:羽田空港国内線 第2旅客ターミナル 2階 出発ロビー(保安検査場D前 時計台6番付近)
実験内容:
[ステップ1] 2016年9月2日、9月6日~9月7日
「EMIEW3」は専用の案内カウンターで空港利用者を迎え、日本語、英語の二カ国語で応対。空港利用者の問いかけに対し、案内カウンターの隣に設置した案内情報ディスプレイと連携し、ディスプレイに表示された地図や、空港施設の概要、店舗の写真などの情報を用いて案内を行なう。
[ステップ2] 2016年9月8日~9月14日
「EMIEW3」が空港利用者の問いかけに対し、自律走行により案内情報ディスプレイまで誘導し、回答と説明を行なう。
[ステップ3] 2016年12月頃予定
目的地までの案内を希望する空港利用者の要望にもとづき、「EMIEW3」がフロア内をより広範囲に走行し目的地まで案内する。
※なお、ステップ2,3はそれぞれ前段階での実証実験の結果・評価にもとづき、内容・場所を検討。

【関連リンク】
日立(HITACHI)
日立ビルシステム(HBS)
日本空港ビルデング(JAT)

Previous

ヤフー、WebサービスやIoT製品と簡単に連携できる事業者向けIoTプラットフォーム「myThings Developers ベータ版」を提供開始

TDSEとZMP、オートモービル分野での新ビジネス、クラウドAI搭載のインテリジェント車両センサー解析サービス提供

Next